倉吉市ふるさと納税サイト

くらしよしエール

ふるさと納税は、ふるさとへの寄附金(エール)です。
贈呈品を見る 寄付を申し込む

申込から控除までの流れ

 

H29-ふるさと納税・控除までの流れ.jpg

 

おおまかな流れ

おおまかな流れ.jpg

1.申込、入金

インターネット申込フォーム、お電話、FAX、郵送などで、ご連絡先・希望贈呈品・入金方法・寄附金額、税の控除申請の希望等をお知らせください。
お支払方法は、郵便振替、銀行振込、クレジットカード決済(Yahoo!公金支払い)、現金書留等が利用できます。

申込フォームでお申込み後、受付完了メールが来ない場合はご確認を!
申込フォームよりお申込みいただいた方には、申込完了時に自動で「受付完了メール」を配信しております。 この「受付完了メール」が2~3日経過しても届かない場合は、下記の内容をご確認ください。

  • 迷惑メールとして振り分けられ、受信トレイに表示されない
  • 「受付完了メール」が届かない場合は、メールソフトの「迷惑メールフォルダ」や「ごみ箱」をご確認ください。Yahooメールをご利用の場合は、迷惑メールと認識されると自動的に削除されることもあるようです。

  • 入力したメールアドレスが間違っている場合
  • 自動配信メールは、通常のメール送信の様に、メールが「宛先不明」などで届いていないことを本市では把握できませんので、ご了承ください。

  • 携帯電話のアドレスを入力した場合
  • 入力アドレスを携帯電話にされる場合、迷惑メール対策などでドメイン指定受信を設定されている方は、指定拒否を解除、または、アドレス「f_tax@trustbank.co.jp」の受信許可設定をお願いします。

2.贈呈品の送付

1万円以上ご寄附をいただいた個人の方に贈呈品をお送りします。
贈呈品の発送まで、最短で2週間程度かかります。

贈呈品について

3.税の控除手続き代行申請書と寄附金受領証明書との送付

税の控除手続き代行申請書と寄附金受領証明書をお送りします。
ふるさと納税ワンストップ特例を利用して、税の控除手続きの代行を希望される場合は、控除手続き代行申請書に必要事項を記入の上、ご返信ください。

寄附金受領証明書は、寄附金控除の手続き(確定申告)に必要な書類です。確定申告が必要な方は、破棄せず大切に保管してください。
(お届けまで1ヶ月程度かかる場合がございます。)

寄附金控除手続きが簡単になりました!
これまで、寄附金控除を受けるためには、寄附を行った方が「寄附金受領証明書」を添付して、税務署に確定申告をする必要がありました。
しかし、平成27年4月1日以降の寄附については、もともと確定申告の必要がない給与所得者で、なおかつ寄附する団体が5団体以下の方は、確定申告が不要になりました! 税の控除申請の希望を倉吉市にお知らせください。倉吉市(ふるさと納税を受けた自治体)が、寄附金控除手続きを代わりに行います。
「寄附金受領証明書」をお送りする際に、特例制度の利用をご希望の方に「市町村民税寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と案内文書を同封いたしますので、ご記入・押印のうえ、確認書類2通とあわせて、倉吉市総合政策課までご提出ください。

4.寄附金控除の手続き(確定申告)をする

もともと確定申告が必要な自営業者の方や、寄附する団体が6団体以上の方が税の控除を受けるためには、寄附を行った方が、寄附金控除の手続きをする必要があります。
確定申告が必要な場合、寄附した年の翌年に、倉吉市が発行する「寄附金受領証明書」を添付して、税務署に確定申告をします。

※「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用される方は、確定申告は不要です。
 

5.所得税が還付される

確定申告をした方は、寄附した年に源泉徴収された所得税のうち、控除後の所得税額より多く納めた分が、後日税務署より還付されます。

控除額の詳細はこちら

6.住民税が軽減される

寄附した年の翌年の住民税が軽減されます。
控除後の税額が通知されます。

控除額の詳細はこちら


お申し込み 申込・納付方法 贈呈品一覧
PAGETOP