倉吉市ふるさと納税サイト

くらしよしエール

ふるさと納税は、ふるさとへの寄附金(エール)です。
贈呈品を見る 寄付を申し込む

寄附金控除額について

ふるさと納税を行った場合、その年の所得税と翌年度の個人住民税からそれぞれ一定の金額が控除されます。
所得税控除額、個人住民税控除額ともに2,000円を超える部分について対象となります。

寄附金控除額について.jpg

控除対象外 2,000円

都道府県、市町村などへの寄附金合計額のうち、2,000円までは控除の対象外で、自己負担となります。

住民税の特例控除

住民税の特例控除額=(寄附金額-2,000円)×(90%-所得税の税率) ただし、上記特例控除額が、住民税所得割額の2割を越える場合には住民税の特例控除額=(住民税所得割額)×20% が適用されます。

  • 平成27年4月1日~、特例控除額の上限が2倍に引き上げされました。

 

住民税の基本控除

住民税の基本控除額=(寄附金額-2,000円)×10%

 

所得税控除(確定申告の場合)

所得税の控除額=(寄附金額-2,000円)×所得税の税率

  • 所得税の税率には、復興特別所得税率を含みます。

 

住民税特例控除の上限額を超える分

住民税特例控除の上限額を超える部分は、自己負担となります。
詳しくこちらをご覧ください。

総務省バナー.jpg

 

 

  • 実際の控除額についてお知りになりたい方は、お住まいの市区町村役場にお問い合わせください。
  • 所得や寄附金額に応じて、控除額は変動します。

 

寄附金控除手続き

H29-ふるさと納税・控除までの流れ.jpg

寄附金控除手続きが簡単になりました!
ふるさと納税ワンストップ特例制度

これまで、寄附金控除を受けるためには、寄附を行った方が「寄附金受領証明書」を添付して、税務署に確定申告をする必要がありました。
しかし、平成27年4月1日以降の寄附については、もともと確定申告の必要がない給与所得者で、なおかつ寄附する団体が5団体以下の方は、確定申告が不要になりました!
ワンストップ特例をご希望の方は申請が必要です。

「寄付金受領証明書」をお送りする際に、特例制度の利用をご希望の方には「市町村民税寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と案内文書を同封いたしますので、ご記入・押印のうえ、確認書類2通とあわせて、倉吉市観光交流課までご提出ください。


ワンストップ特例についての詳細は↓こちら↓をご覧ください。

総務省バナー.jpg

総務省ふるさと納税ポータルサイト(外部リンク)


お申し込み 申込・納付方法 贈呈品一覧
PAGETOP