メニュー
RSS
最終更新日 2018/07/19
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

がんばろう 倉吉 ~鳥取中部地震を乗り越えて~

倉吉市教育委員会教育長 福井 伸一郎 2016/11/21

がんばろう 倉吉 ~鳥取中部地震を乗り越えて~

 10.21鳥取中部地震震から1ヶ月になります。
 相変わらずのブルーシートを被った家並が続いています。防災対策本部のまとめによりますと、家屋被害が9000件を超えています。倉吉市は約18000世帯ですので、半数が被害を受けていることになります。一時2000人を超えていた避難者は15名になりました。自重していた様々なイベントも行われるようになりました。少しずつ復旧・復興への道のりを歩み始めています。

 

 倉吉の子どもたちは、元気です。
 地震のために延期になった学習発表会、体育館が避難所となり避難している人たちと一緒にした学校、体育館が使えなくて他の学校で文化祭を開催した学校、それぞれに今の状況の中で工夫をし、学習発表会・文化祭をしっかりと演じ、成長の糧としました。

  今、ここにいることが 当たり前と思ってた
  こんなにたくさんの力に 守られていたなんて
  海も大地も 空も光も みんな一緒に生きている  
  今までも これからも ずっと
   大好きな君だから この優しさ伝えたい
  心から 「ありがとう」
   ~全校合唱「いつまでも伝えたい」の歌詞より~

 地域の方々から「子どもたちの真剣な中でも楽しんでいる姿に、元気と勇気とをもらいました。」とうれしい感想をいただいたという小学校もありました。また、人権劇を演じた代表者が「地震にあったことを劇が不出来な理由にしたくないという気持ちで短い時間でしたが、一人ひとりの力を合わせてやりました。地震にあったことは不幸ではなく、チャンスと捉え、これからもがんばりたい」とあいさつした中学校もありました。

 二学期は、学習の充実をめざして、どの学校でも授業研究会に取り組んでいます。

 英語科の授業研究をした学校では、他の中学校や小学校、高校の先生方も参加して、「互いに自分の考えを話して伝え合える生徒の育成を目指した指導法の工夫」をテーマに研究を深めました。どの学級でも意欲的に学ぶ姿があり、生徒の成長を感じました。

 また、数学を楽しむ合宿に取り組む学校もありました。最初のテーマは「空間図形」。倉吉西高とコラボして、この教材を開発された小梁修先生を講師にお迎えしました。保護者の皆様が作ってくださった夕食を食べて、夜遅くまで楽しい数学の講座に挑戦しました。

 11月19日の土曜授業の日、進路学習「先輩に学ぶ」に取り組んだ学校もあります。現在高校2年生の卒業生を招き、「高校での学習や生活の様子」「将来の夢」「中学生の時に努力しておくべきこと」等について話していただきました。高校生活まっただ中の身近な先輩から聞く話は、具体的でわかりやすいものでした。後輩のために時間を割いてくれた8名の卒業生の皆さんに感謝です。

 

 子ども達の給食を賄う学校給食センター。建物の外構はあまり被害がなかったのですが、調理場・洗浄室の天井・側壁の落下、そして調理機器の状況など、給食を提供できる状況ではありません。先日、調査に来られた文部科学省職員の指導も受けながら、4月の学校給食センター再開をめざして復旧に取り組みます。

 地震後の学校再開にあたり、簡易給食を提供しましたが、余震も少なくなり少し落ち着いてきましたので、11月1日から弁当持参といたしました。

 その間、NPOあゆみの皆さんが、倉吉市の18校全てに「ハンバーグカレー・サラダ」を提供してくださいました。食器のふたには、倉吉市のキャラクター「くらすけくん」のイラストとともに「あなたたちは、日本の宝だ!」の文字が書かれていました。あたたかい食事と温かい心をいただきました。イオングループや新宿千疋屋さんからも子どもたちにとゼリーを提供していただきました。

 避難所となった学校に寝泊りしていた先生は、温かい炊き出しの食事を食べて、「心が元気を取り戻していくような実感があった。口と心はつながっている。心のこもったあったかい食事と、気の置けないおしゃべりが元気をくれると思った」と述べていらっしゃいました。

 週1回だけでも何とか温かいものを食べさせたいと思い、現在、周辺の三朝・湯梨浜・北栄・琴浦町の4町の学校給食センターから副食(汁物)を配送していただき、簡易給食を提供しています。1日3~5校ずつ配送し、ローテーションを組んでいます。今後も、弁当や簡易給食等を組み合わせるなど弁当の回数を少なくするよう工夫をしていきます。

 

 この地震被害に対して、毎年交流している千葉県松戸市の小学生から激励のメッセセージと駅前で募金活動をした義援金をいただきました。熊本県嘉島中学校から東中へ、箕蚊屋中学校生徒会から西中へ、中ノ郷中学校生徒会から河北中へ激励や応援のメッセージが届いています。また、倉吉市名誉市民である磯野長蔵氏の御子孫磯野計一氏、明治屋さんから、そして、倉吉市出身の多くの方からも義援金を頂戴しております。全国から約3000名のボランティアが駆けつけ、復旧作業をしてくださいました。文化財関係でも、各県からのヘリテージマネージャー(歴史文化遺産活用推進員)が伝建群の家屋調査をしてくださいました。

 国の補助率を上げて学校の耐震化を勧めてくださった文科省の職員からも、「国として耐震化を促進化して、結果として子どもたちを守れたのであれば、私としてもこの上なく嬉しい限りです。」とメールをくださいました。このように、実に多くの人から力をいただいています。本当に感謝申し上げます。

まだまだ余震が続いています。あるお母さんから、非常用持ち出し袋とともに、「子どもが、夜寝るときに、枕元に明日着ていく服をたたんでおいておくようになった」というお話を聞きました。まさに自立の第一歩です。「地震をチャンスと捉え、がんばりたい」と述べた中学生もいます。

 地震を経験することで、さらに成長していく子どもたちの姿にたくましさを感じます。

 

 平成28年11月21日

                    倉吉市教育委員会教育長 福井伸一郎

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ