メニュー
RSS
最終更新日 2018/04/24
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

今を生きる!~鳥取中部地震を学びの場に~

倉吉市教育委員会教育長 福井 伸一郎 2016/10/25

   

   今を生きる! ~鳥取中部地震を学びの場に~

 10月21日(金)午後2時7分 震度6弱の地震発生!

 中国地区都市教育長協議会の2日目、課題別研究会の後白壁土蔵群を案内し、各県の教育長を見送って自席に着いたときでした。突然体が椅子から浮かびました。縦揺れと激しい横揺れ。書籍は飛び散り、額は外れ、気がつくと後ろの棚にあったテレビは床に落ちていました。揺れが治まった後、市庁舎の裏庭に避難し、同時に避難所開設可能な施設を調査するチームが出発し、災害対策本部が設置されました。

 大きな地震に関わらず、小学生1名が軽傷、中学生がテレビで頭を打ち救急車で搬送されたが治療後に帰宅するなど、大きな被害がなかったのは不幸中の幸いでした。算数の学習中のところ、文化祭に向けて全校合唱の練習中だったところもありました。避難した校庭で、泣き出す低学年の児童をなだめる高学年の姿もありました。数か月前から微弱地震が起こっていたことから、避難訓練をしている学校もあり、適切に対応できたのだと思います。東日本大震災を見て、平成24年に市内小・中学校の耐震補強事業を促進化しましたが、耐震化をしておいて本当に良かったと思います。

 

 大地震という非日常の場において一刻も早く子どもたちの日常を取り戻したい、余震の続く中で耐震性のある学校がより安全ではないかと判断し、24日(月)からの学校再開を決めました。学校給食センターが大きな被害を受けており、副食の提供ができないこと、2000人を超す避難者の数を見て弁当を作ることのできない家庭も多くあることから、当座はパンと牛乳と補助食品という簡易給食を決断しました。こうした状況を見て、ゼリーなど補助食品の提供を申し出てくださった企業、炊き出しをしてくださった保護者や地域の方から多くの支援をいただきました。

 中には、6年生が「豚汁プロジェクト」を計画した学校もありました。避難されている人たちだけでなく在校生の分も作って、みんなでぽっかぽかな心になろうと考えたそうです。途中地震があってお汁がこぼれてやけどしてはいけないので、野菜を切るのは6年、煮るのは大人と役割を分担し、地域・保護者の力を借りて実施しました。

 余震も少なくなり、少し落ち着いてきましたので、11月1日からは弁当持参とします。弁当や簡易給食等を組み合わせるなどいろいろと工夫をしながら、一日も早く学校給食センターを再開し、おいしい給食を提供したいと思います。

 

 この一週間の間に、兵庫県教育委員会の震災・学校支援チーム(EARTH)、熊本県教育委員会の方からも子どもたちの心のケアについてアドバイスをいただきました。また、鳥取県教育委員会はスクールカウンセラー、県内の市町教育委員会からスクールソーシャルワーカーの派遣があり、子どもたちへの対応をしていただきました。

 思い起こすと、平成12年鳥取西部地震が発生したとき、真っ先に鳥取県教育委員会に連絡してくださったのが兵庫県教育委員会でした。「阪神淡路大震災のときお世話になった。何か手伝うことはないか。」の電話に感激しつつ、子ども達の心のケアの研修をお願いしたことを思い出しました。

 今回の地震は決して有難い事ではありませんが、良かったことも数々ありました。このように多くの人々に支えられていることを改めて実感しました。また、簡易給食のパンが甘いと発見したり、避難所の移動作業を手伝ったりする姿に子どもたちの成長を感じました。

 

 駐車場から庁舎に向かう途中、高台の博物館から市街を眺めると、青いブルーシートを被った家並が続いています。ここは美しい赤瓦が続いていたはずなのに・・。思わず胸にこみあげてくるものがありました。対応に追われて張りつめていた気分から、今朝は少し滅入った気持ちになっていました。

 地震直後は確かに緊張感・高揚感がありました。しかし、ふとこれが現実なのか、何かの間違いではないのか、あるいは地震がなかったらと思うことがあります。それが普通なのだそうです。それを受け入れることが大切なのだそうです。大きく腹式深呼吸をすると心が落ち着くのだと鳥取看護大学のボランティアさんから教えていただきました。

 

 「人間は否応なしにこの世界を生きなければならない」遠い昔に聞いた言葉です。

 今、鳥取中部地震という未知な世界に投げ出された私たちは大きな不安の中にいますが、そこから逃げ出すことはできません。この現実をしっかりと受け止めること、そこからすべてが始まると思います。

 大地震という非日常の場で目の前にしていること、懸命に対応している市民の姿,そして、支援してくださる多くのボランティアの姿そのものが、テレビやゲームのようなバーチャルではなく、現実の生活なのです。それこそが学びの場であり、「生きる力」をつけるための一つの教材であると考えたいと思います。

 「苦境にあっても、天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていくことが、これからの私たちの使命です。」と述べた東日本大震災で被害を受けた階上中学校卒業生の答辞の言葉を今一度かみしめ、次々と出てくる課題にしっかりと対処していきます。

 明日の倉吉の子どもたちの未来のために・・。

 

   平成28年10月31日

                    倉吉市教育委員会教育長 福井伸一郎

 

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ