鳥取県倉吉市・移住定住支援サイト
そうだ! 倉吉で暮らそう
Q&A<Q&A アクセスアクセス
TEL 0858-22-8159

子育て

倉吉市での子育てイメージ

子育て世代をしっかりサポートする支援策も充実!
自然に囲まれた緑豊かな山々、海や川もあり、季節ごとにさまざまな遊びを楽しむことができます。
倉吉市でお子さんをのびのび育ててみませんか?

プレママ・プレパパを応援します

妊婦健康診査等

妊婦一般健康診査、妊婦歯科検診受診票をお渡しします。里帰りなど、県外で妊婦健診を受診される方にも助成を行います。

母子健康相談

妊娠、出産、育児などに関わる相談を随時受け付けています。心配ごとや悩みは抱え込まずにどんなことでもお気軽にご相談ください。

マタニティマークステッカー

産まれてくる赤ちゃんとお母さんにとって「やさしい倉吉市」を築いていくために、妊産婦さんであることを周囲に知らせるマタニティーマークステッカーを配布しています。

詳しくはこちら--妊娠がわかったら

えっぐクラブ・マタニティサロン

『えっぐクラブ』では母親・両親学級を実施、医師の話やパパの妊婦体験などを行っています。
『マタニティサロン』は月1回定例開催。ミニセミナーもあります。

 

パパ・ママを応援しています

出産手当・出産育児一時金

出産にかかった費用の一部、一定の金額を支給しています。
また、第3子以降を出産(届出)されたお母さんへ20,000円を給付します。

乳幼児訪問・こんにちは赤ちゃん訪問

生後1か月~2か月の赤ちゃんがいるご家庭に、保健師、助産師または母子保健推進員が訪問し育児相談等を行う『乳幼児訪問』、生後3か月~4か月の赤ちゃんがいるご家庭に保育士が訪問し育児相談を行う『こんにちは赤ちゃん訪問』を行っています。

健康診査と予防接種

乳児健康診査は生後3か月~4か月、9か月~10か月の赤ちゃんを対象に医療機関で診察等を、6か月児、1歳6か月児、3歳児は、小児科医による診察や身体計測、保健指導、栄養相談、歯科検診などを行います。
定期予防接種のほか、任意の予防接種についても助成しています。

その他、各乳幼児健診事後健診や5歳児発達相談も行っています。

離乳食講習会

離乳食の話と実習を行っています。

育児相談

発達、発育、育児について保健師、栄養士、助産師による相談を実施しています。

ブックスタート事業

6か月児、1歳6か月児の健診では、絵本のプレゼントと読み聞かせを行っています。

子育て教室など

幼児期の子どもに対するほめ方や声かけのし方など、具体的な関わり方や自分なりの子育ての方法を見つけていく教室を開催しています。
・ベビープログラム(お子さんが生後2か月~5か月で初めて子育てをされている方)、
・ペアレントおひさま講座(生後6か月~1歳6か月児の保護者)、NPプログラム(1歳~就学前児の保護者)子育て教室(2才~3才児の保護者)

家計も応援します!

倉吉市若者子育て世帯買い物応援事業

協賛店で可物をすると割引サービスや特典サービスを受けることができる『応援カード』をお渡ししています。

市指定ごみ袋の支給

2歳未満の乳幼児がいるご家庭にごみ袋を無料で支給します。
(※無料支給は1回限り、年齢により規程枚数があります。)

若者定住新築住宅の固定資産税減免制度

35歳以下の人が倉吉市内に家を新築したり取得した時には3年間固定資産税の一部が減免されます。
詳しくはこちら--若者定住新築住宅の固定資産税減免制度
35歳以下の人が住宅を新築した時には、3年間固定資産税の一部を減免します。(共同住宅や賃貸住宅は除きます)

給食費の軽減

市内小中学校に同時に3人以上在籍している場合、第3子以降のお子さんの給食費を3割減免します。

 

各種手当・助成も手厚く!

児童手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当、災害遺児手当などを支給しています。

特別医療(小児・ひとり親家庭・特定疾病など)、未熟児養育医療、育成医療など、医療費助成も充実しているので安心して子育てをすることができます。

障がいのある児童への支援、ひとり親家庭、母子家庭にも育児や生活を助けるさまざまな支援を実施しています。

また、不妊に悩む方へ不妊治療費の助成も行っています。

詳しくは--子育てに関する手当・助成など

働くパパ・ママを応援します

保育サービス

市内23保育園、3認定こども園があります。保育料も国の基準額を引き下げ、さらに第3子軽減、多子世帯の軽減などがあります。
一時預かり事業、休日保育、病児保育、病後児保育はもちろん、保護者が病気や仕事で養育困難となったときなどに一定期間養育をするショートステイ、トワイライトステイもあります。放課後や長期休暇中の学童保育も市内小学校区に開設しています。

保護者の支援が特に必要な場合は、支援者がご家庭を訪問して育児や家事の援助をする養育支援訪問事業も行っています。

ファミリーサポートセンターでは、保育園や児童クラブなどの送迎、急用のときの預かり保育を行っています。

また、このほかの育児支援サービスとして、おじいちゃん、おばあちゃんがお子さんを預かるサービスもあります。

子育て総合支援センター「おひさま」

この施設では、子育てに関する相談や関連機関の紹介、子育てサークルの活動支援などを行っています。


PAGE TOP