昨年の春より、倉吉市くらしよし未来アドバイザー・羽原大介氏(脚本家)の脚本・監督のもと制作を進めていた、倉吉の魅力「くらしよし ふるさと」を発信する観光PR動画・ふるさとムービー『ありがとう』が完成しました。

このたび、羽原氏をゲストにお招きした上映会を開催しますので、この機会にぜひお越しいただき、ショートムービーをお楽しみください。

 

gazou1

=STORY=

 女優をめざして倉吉から上京する娘と、その決断に反対する母親の心情、家族やふるさとの支えを胸に、女優として成長していく姿、故郷への思いを描いた物語。

=出演者=

 中村守里、生方和代、片岡鶴太郎(特別出演)

=脚本・監督=

 羽原大介

 

 日時

令和6年5月30日(木曜日)15時30分~(開場 15時00分)

会場

鳥取看護大学・鳥取短期大学 交流センター2階 中講義室

倉吉市福庭854[Googleマップ

プログラム

15時30分  挨拶・趣旨説明
15時40分~ 上映開始
16時10分~ アフタートーク「ムービー撮影ココだけの話」

対象

どなたでも(事前申込制)、先着180名程度

申込方法

Googleフォームまたは電話にて事前申込

 申込はこちらから▶Googleフォームリンク
 申込期限:令和6年5月22日(水曜日) 引き続き、申込受付しています。

来場方法

会場(大学)内に駐車スペースはありません。
倉吉駅バスターミナル5番乗場発着のスクールバスにご乗車ください。

14時20分から15時10分はピストン運行となります。

駐車場は倉吉駅北口側に準備します。

可能な限り乗り合わせてお越しくださいますよう、ご協力をお願いします。

ゲスト

羽原 大介(はばら だいすけ)氏/脚本家

=プロフィール=
1964年鳥取県倉吉市生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。
大手芸能プロのマネージャー職を経て、つかこうへいに師事。運転手兼大部屋俳優の修業時代の後、1992年脚本家デビュー。主な執筆作品に『パッチギ!』『フラガール』、テレビドラマ『マッサン』『ちむどんどん』(NHK連続テレビ小説)『黒革の手帖』『白い巨塔』(テレビ朝日)『トリリオンゲーム』(TBS)。映画『パッチギ!』『フラガール』で2年連続日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞。演劇ユニット羽原組を主宰し同ユニットでは演出も担当。現在愛媛坊ちゃん劇場にてミュージカル『KANO』ロングラン上演中。今年8月松竹新橋演舞場にて『カルメン故郷に帰る』上演予定。10月赤坂レッドシアターにて羽原組『フラガール』上演予定。来年映画『トリリオンゲーム』全国公開予定。

主催

倉吉市(経済観光部観光交流課)

共催

学校法人藤田学院 鳥取看護大学・鳥取短期大学(グローカルセンター)

チラシ

チラシはこちらから▶チラシ