メニュー
RSS
最終更新日 2019/11/18
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

倉吉で新しく農業をはじめる

倉吉で農業をはじめたい方へ

 アグリチャレンジ②.jpg
倉吉市で農業をはじめたいと思われている方に向けて支援内容や相談窓口を紹介します。

近日開催予定の新規就農者向け情報

鳥取県立農業大学校アグリチャレンジ科 2月開講募集開始

募集期間:令和元年12月4日(水)~令和2年1月8日(水)

研修期間:令和2年2月6日(木)~令和2年5月21日(木)

【大阪】マイナビ就農FESTに倉吉市ブース出展予定

会場:大阪府大阪市北区大深町4-20グランフロント南館(タワーA)31階

開催期間:令和元年12月7日(土)13:00-17:00(入場受付12:30-16:30)

鳥取県農業農村担い手育成機構 新規就農相談会

会場:倉吉市駄経寺町187-1 倉吉交流プラザ ボランティア交流室

開催期間:令和元年11月10日(日)10:00〜15:00

JA鳥取中央 就農相談会開催のお知らせ

会場:JA鳥取中央 本所(3F研修室)

開催日:毎月1回 第2水曜日(令和元年12月より開始)

倉吉を舞台に農業をはじめる主人公を描くウェブコミックが公開中です。

倉吉に移住し、農業をはじめる主人公とHonda製の耕耘機にスポットを当てたウェブコミック「みのりの大地」が公開されています。

Honda 漫画『みのりの大地』ホームページ

あなたの目指す農業はどのようなものですか?

農のある暮らしをしたい。

・家庭菜園ができる空き家を探す。

・自分の希望を踏まえ、定住地を検討。田舎暮らし体験などに参加する。

・長谷お試し住宅で農村の暮らしを体験する。

問い合わせ先

倉吉市地域づくり支援課

倉吉市移住・定住支援サイト  

TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230

農作業を体験したい。

・鳥取県立農業大学校が開催している就農体験研修に参加する。

問い合わせ先

鳥取県立農業大学校

TEL/0858-45-2411 FAX/0858-45-2412

・(公財)鳥取県農業農村担い手育成機構が開催している農家視察訪問研修や農業視察研修に参加する。

問い合わせ先

(公財)鳥取県農業農村担い手育成機構

TEL/0857-26-8349 FAX/0857-29-4867

・倉吉・関金健康農園を利用する。

問い合わせ先

倉吉市農林課農林整備係

TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100

独立して農業をはじめたい。

・独立して農業をはじめるための資金確保、農地取得、技術習得方法、住宅確保などを具体的に相談する。

・農業経営に向けて、国・県・市の支援措置活用可能性を検討する。

問い合わせ先

(公財)鳥取県農業農村担い手育成機構

TEL/0857-26-8349 FAX/0857-29-4867

農業をはじめるにあたって

まずは準備が大切です。しっかり調べて、焦らず相談して、一緒に考えましょう。

農業をはじめるにあたっての疑問を相談会で解決しましょう。

農業はどの作物で、どのくらいの収益があるのか、労働時間はどのくらいかかるのか、農地はどうすれば手に入るのか、どんな機械・施設が必要なのか...等など

相談会や機構の相談窓口でいつでも相談しましょう。農業をはじめたいきっかけ・理由、鳥取県の気候や地域特産物、農業の収益性、当面の生活費・営農資金等、しっかり考えを固めましょう。

農業、農村の現状を知るため、視察研修や体験研修に参加しましょう。

農作業は楽しいことばかりではない上、天候に収量・品質が左右されます。技術の習得には長い期間がかかるものもあります。

地域の行事や共同作業への参加も必要になってきます。そのため、先輩就農者や現地の視察を行い、自分が取り組む農業についてイメージを作り、適正を判断しましょう。

研修にチャレンジしましょう。研修の成果は就農・営農の計画づくり。

栽培・経営の技術・知識を習得し、就農ビジョンの具体化を行っていきます。

農業大学校や鳥取県農業農村担い手育成機構での長期の研修を行っていく中で、栽培・経営の技術・知識を習得し、さらに具体的な営農イメージを検討していきます。

そのイメージを具体化するため、就農・営農ビジョンの作成を関係機関のアドバイスを受けながら一緒に検討していきます。その就農・営農ビジョンの具体化したものを青年等就農計画と呼びます。

いよいよ起業、5年計画でステップアップ。

5年後の営農計画を作成し、関係機関と繋がり、地域の中での生活・生産基盤を整備しよう

先述の青年等就農計画は5年後の年間所得300万円を目指して作成するものです。研修で得た経験と関係機関からの情報や助言を受けて作成します。この計画が承認され、認定新規就農者となることで公的な給付金や、制度融資を受けることが可能となります。

以下は倉吉市で営農を開始される方に向けた支援の一部です。

農業次世代投資資金(経営開始型)

各地域で作成される「人・農地プラン」に、今後の中心となる経営体として位置づけられた原則50歳未満の新規就農者に対し、就農直後の所得確保を支援する給付金を給付

年間最大150万円

(最大5年間)

就農応援交付金

認定新規就農者に対し、就農初期に係る運転資金、基盤整備費等に活用できる交付金を交付(農業次世代投資資金との併用はできません)

一年目 10万円/月

二年目 6.5万円/月

三年目 4万円/月

就農条件整備事業

農協又は公社が認定新規就農者に対し、就農時に必要な機械・施設を貸与するために整備する場合、又は認定新規就農者自ら就農時に必要な機械・施設を整備する場合に助成。

上限1200万円(事業費の半額を補助)

(就農から5年以内且つ65歳未満)

就農準備チェックシート

1 就農に対する適性

□健康・体力に自信がある □事務作業より野外で体を動かすことが好きである。
□生き物(動植物)が好きである。 □他人とのつきあいは苦にならない。
□単純作業もこつこつやることができる。 □忍耐力にはかなり自信がある。

2 就農についての意欲、動機、知識

□農業所得で生活できる、職業としての農業を目指している。 □農家以外の出身者が新たに農業をはじめることは、既存の生産基盤のある農家より厳しい状況であることは知っている。
□家族と一緒に生活や仕事がしたい。 □先進農家や新規就農者に会い、体験談を聞いたことがある。
□農業は、自然災害や技術不足により収穫が皆無(無収入)となる場合があることを知っている。 □農業体験や研修を受け、農作業等の厳しさは体でわかっている。

3 就農の事前準備状況

□新規就農に関する情報収集を行っている。 □どこで農業をするか意向が固まっている。
□家族が就農に同意している。 □実際の就農までの準備事項及び段取りは大筋理解している。
□どんな作物を作るか意向が固まっている。  

4 就農の準備状況

□先進的農家、研修施設等で研修を受け、目指す農業の技術、知識は身につけた。 □営農のために用意できる自己資金がある。
□就農希望地に知り合いの人等があり、就農に当たり相談に乗ってくれる。 □営農資金が足りず、融資制度を利用する場合、連帯保証人になってくれる人がいる。
□農地の購入又は借入れについて、農業委員会等に相談している。 □農作物の販売方法、販売先にめどが立っている。
□多額の既往負債がない  

5 就農後の生活

□営農資金の他に、当面(1〜2年程度)の生活資金を用意している。 □農業に関わる共同作業や地域での役割が求められることを知っている。
□農村で生活する場合、地域とのコミュニケーションが重要であることを知っている。 □農地と住宅が離れていると作業が不便であることを知っている。

青年等就農資金の概要(借り入れを希望される場合は、様々な条件があります。)

区分 内容
貸付対象者 認定新規就農者
使途

①農地等の改良、造成、保全

②農業経営用施設・機械等の改良、造成、取得

③農産物の加工処理・流通販売施設・観光農業施設等の改良、造成、取得

④創立費及び開業費その他繰延資産の取得等

⑤家畜・果樹等の導入、借地料・賃借料の支払い

⑥経営開始に伴う必要となる初期的経営費用(運転資金)

貸付限度額 3,700万円
貸付対象期間 青年等就農計画の有効期間
利率 無利子
償還期間 17年(令和元年11月1日貸付分より)
担保等 実質無担保・無保証人(農協等から貸付を受ける場合は、保証料が必要となります。)
貸付機関 農協等、(株)日本政策金融公庫
留意事項 資金の償還が終了するまでの間、毎年、貸付機関に対し、経営状況を報告する必要があります。

その他の相談窓口

補助金に関すること、相談窓口の案内

倉吉市農林課農政係

TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100

農業技術や農業経営について

中部総合事務所農林局倉吉農業改良普及所

TEL/0858-23-3190~3197 FAX/0858-23-3198

 

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ