メニュー
RSS
最終更新日 2018/12/14
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

水道管の凍結破損にご注意ください

気温が氷点下3度以下になると、水道が凍結し水道管が破裂することがありますので、ご注意ください。

水道管の凍結破損にご注意ください

冬場、気温が氷点下3度以下になると水道管の中の水が凍結しやすくなります。水道が凍結すると、蛇口から水が出なくなるばかりでなく、水道管が破裂することがあります。

次のような場合には特に注意が必要です。

屋外、北側で日が当たらないところ

風当たりの強いところ

水道管がむき出しになっているところ

冬場に長期間留守にするとき


ご自宅の水道管は大丈夫でしょうか。天気予報などに注意して水道管を凍結から守りましょう。

1. 水道管の凍結被害を防ぐには

(1) 止水栓の位置を確認

万が一水道管が破裂したときにすぐに対処ができるように、雪が降り始める前に止水栓の場所を確認しておきましょう。

雪が降ると止水栓ボックスが雪に埋もれ、場所が分からなくなることがありますので、定期的に除雪しておきましょう。

※止水栓には、水道メーターを挟んで道路側の止水栓(1次止水栓)と宅地側の止水栓(2次止水栓)があります。(2次止水栓がないお宅もあります。)止水するときは、どちらを閉めていただいても構いません。

 

(2) 長期間留守にする場合は、止水栓を閉める

万が一留守中に水道管が破裂しても、止水栓を閉めておけば、水が吹き出す心配はありません。

※止水栓にはハンドル式とレバー式があります。ハンドル式は時計回りに回してください。レバー式は反対側にレバーを倒してください。止水栓を半開きの状態にしておくと、故障の原因となります。必ず全開又は全閉で使用してください。

 

(3) 水道管を保温材で保護する

むき出しになっている水道管は、凍結しやすいので特に注意が必要です。このような箇所は、タオルや保温材を巻くことで凍結を防ぐことができます。簡単に取り付けられる保温材が市販されていますので、お近くのホームセンターなどでお買い求めください。

※気温が著しく低下した時や1日中真冬日が続くときは、保温材を使用していても、凍結することがあります。

 

(4) 水を流しておく

停滞している水は、凍結しやすいので特に注意が必要です。蛇口を少し開けて、水が糸を引く程度流しておくと、凍結しにくくなります。

※流した水はバケツに貯めるなどして、利用しましょう。

 

(5) 太陽熱温水器の水を抜く

冬場には使用しないサンヒーターなどの太陽熱温水器は、凍結破損を防ぐために中の水を抜いておきましょう。

 

2. 水道管が凍結したら

宅内の水道管が凍結すると水道が出なくなります。このようなときは、ぬるま湯で解凍することができます。

水道管の解凍方法

凍結していると思われる部分にタオルなどをかぶせ、ぬるま湯をかけてゆっくりと凍結部分を溶かしてください。

熱湯を使用すると、急激な温度変化により水道管が破裂することがありますので、必ずぬるま湯を使用してください。

 

3. 凍結で水道管が破裂したら

止水栓を閉めたのちに、倉吉市が指定する「指定給水装置工事事業者」に修理を依頼してください。

また、寒波が続きますと水道業者や水道局ではすぐに対応出来ない場合があります。修理が間に合わない場合は、ご自分で応急処置を行うことができます。

※応急処置後の修理は、指定給水装置工事事業者に依頼してください。(指定のない業者や資格のない者による工事はトラブルや事故の原因になります。)

 

破裂した水道管の応急処置

(1) 用意するもの

先を削った木の棒(木栓)とが必要です。他のもので代用していただいても構いません。

 

(2) 止水栓を閉める

水道メーター近くにある止水栓(1次側、2次側)を閉め、水を止めます。

※止水栓の不具合などで水が止められない場合は、宅内のすべての蛇口を開けることで、水道管の水圧を下げることができます。

 

(3) 応急処置をする

破裂した部分をノコギリなどで切断し、切断部分に布を巻いた木などを打ち込んで栓をします。

水圧でぬけることがあるので、針金で縛って固定すると安心です。

 

4. 気がつかない所で漏水していることも…

地下や壁の中など、普段気がつかないような所で水道管が破裂して漏水している場合があります。定期的に水道メーターを確認して水道が漏れていないか注意しましょう。

漏水の確認方法

  • 宅内の蛇口を全て閉めてから、水道メーターの「パイロット(下図参照)」を確認してください。回っていれば漏水の疑いがあります。
  • 温水器サンヒーターなどは、元栓がついています。温水器などの元栓を締めてパイロットが止まるようであれば、温水器などの故障か湯の管の破損が原因で漏水していると考えられます。温水器などの取扱い業者へ修理を依頼してください。

漏水の調査と修理

  • 漏水箇所が特定している場合は、指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。
  • 水道局では漏水調査を行っています。ご希望の方は水道局工務課配給水係へお申込みください。 凍結時期やメーター検針期間中は、申込みが混み合う恐れがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 漏水調査をお急ぎの場合や漏水調査後の修理に関しては、指定給水装置工事事業者へ依頼してください。
量水器01
量水器02量水器03量水器04
量水器05
図 水道メーター

(参考)水道メーターについて

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ