メニュー
RSS
最終更新日 2019/08/26
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

12月議会前記者会見

11月30日(木)に開催した会見録です

平成29年11月30日第7回市議会定例会前の記者会見を開催しましたので、会見の詳しい内容を次のとおりお知らせします。

と き

平成29年11月30日(木)11時~

ところ

倉吉市役所 議会会議室

会見の内容

1.市長コメント

 平成29年12月第7回倉吉市議会定例会 提出議案について

2.その他

 なし

内容

提出議案について

(■日本海新聞)定刻となりましたので、お願いします。

(○石田市長)こんかい予定しております議案は、予算案件が7、条例案件4件、一般案件3件ということで、全体で14件の案件を予定しております。

予算案件につきましては、基本的には年度末までの決算を見込んだ補正ということございまして、主な案件として5点あげております

 まずは、公共土木災害復旧事業として1億1,200万円計上させていただいておりますが、これは1022日の台風21号により被害を受けた市道、北栄町を抜けていく寺谷地内の道路の崩壊した部分の復旧に係る工事費等を計上したものでございます。

 2点目除雪対策として660万円。これは年初の大雪を踏まえて市道について自治公民館等で除雪をしていただくに支援をしようということで、必要な経費について支援措置、まあ共助の取り組みを進めようと、支援の予算を計上したものでございます。

 3点目・中学校就学援助に係る経費として4637千円を計上させていただいております。これは30年度の小・中学校に入学する方の就学援助低所得者世帯に対する入学準備経費ということで支援の拡充を図ろうとするものですが、議会で3月の早期交付という要望あったものですから前倒しで3月に交付しようと計上させていただいたものです。

 4点目として大谷工業団地の再整備事業として720万円計上させていただきました。大谷工業団地に立地されている企業の増設計画に対応するということでその必要な用地を確保するための測量に係る経費を計上させていただいております。

 5点目として農村環境改善センターの管理費として446千円あわせて指定管理に係る債務負担行為に係る経費も計上させていただきました。これは小鴨地区にありますさんさプラザについて、指定管理を導入するとともに必要な施設の修繕等を行っていこうということで計上しているものでございます。

 これらを含めて一般会計の総額で18518,000円の減額ということになります。

 補正後の予算額で2928,6192,000円ということでございます。

 特別会計については、各事業の決算を見込んだもので、全体で1209万円余の増額ということ、補正後の予算総額が1608,8259,000円ということでございます。

 また、企業会計の水道会計ですけども、2,419万円余の増額、補正後の予算額が125,9064,000円ということでございまして、それぞれ全てあわせた予算総額は4663,3515,000円となります。

 条例案件では、ひとつあげさせていただいておりますが、倉吉市産業集積の形成及び活性化ための固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正これは法律の改正に伴って固定資産税の課税免除の特例を定めるというものでございます

 それから一般案件としては、先程申し上げた農村環境改善センターの指定管理者として

おがもさんさん児童クラブこれを指定させていただくものです

 議案は以上でございます一点加えてご説明させていただきます。

 本庁舎の修繕、ご覧の通りようやく工事が始まったところですけど、かねて検討を進めてきておりました第庁舎の問題。南庁舎東庁舎、水道庁舎も含めて、ホテイの活用ができないかということで、通称第2庁舎いう言い方をしてきましたその調査を進めてきたわけでございますが、まだ最終報告はでておりませんが、だいたいの方向として建物自体は十分使用に耐えられるだろうということでございます。ただ、設備関係が特に長い間使われておりませんので、ほとんど使えないということで、そういう意味でそれらの取り替え等に費用を要するということで、これを使うとなると全体として設計管理費も含めると13程度の経費が必要だろうという見通しとなりました。ただ、これらの機能を全部含めた物を新たに建てるとなると165,000万円くらいかかるのではないかと、さらに土地も確保しないといけないということで、それらの用地の確保に要する時間費用もかかってくることになります。それらを勘案しさらに仮の旧ホテイを使うとなると場所的に本庁舎との距離も歩いて移動できる距離であること、バスがある場所であること、ここの本庁舎急斜面に立地していますが、平地にあるということ、そういう面で特に福祉の関係として障がい者とか高齢者の方にとってみると、バリアフリーという形で利用しやすい場所にあるさらには特に市民サービスとして市民の方々がよく利用される市民課とか福祉の関係とか税務課等を集約することによって、市民の皆さんに利用しやすい形がとれるのではないということ。それから、30年くらいは十分使えるという見通しがたつではないかということで、建物が使えると地域の賑わいに繋がるのでないかという市民の皆さんの期待声もあるということです。

 のようなことをトータルとして考えるとコストはかなり掛かるわけですが、その活用を図ることが良いのではないかというように判断しております。もちろん相手があることですので、今後所有者の方と協議を詰めなければなりませんが、そこの中で話がつけば、その方向で議会とも相談していきたいと思っているところでございます。もしまとまれば今後議会の方に必要な関係予算を提案していく形にもっていきたいと思っております。の方からは以上でございます。

質疑

(■日本海新聞)それでは各社から質問を受けたいと思います。

(■NHK市庁舎についてですが、だいたい目処としては何時頃でしょうか。

(○石田市長)目処というのは提案をする目処ということですか

(■NHK)提案する目処もありますし、移転に向けて東庁舎は長期的には利用が難しいと言われていますが。

(○石田市長)これから所有者の方と交渉をした上で、話がつけばもちろん出来るだけ早くやりたいという思いはありますので、所有者の方とうまく話がつけば、たとえば1月の臨時議会でも設計に係る予算が提案できたらなという気持ちは持っています。その上で工事にかかれば1年から1くらいの工期が必要なのかなという感じは持っています。これはこれからの内容をつめていかないといけないと思っています。

(■日本海新聞)これから交渉ということですが、交渉の内容としては、取得するという方向になるのですか

(○石田市長)そうです。借り上げということではないです。お金を払うかどうかうのは、これからの交渉で決まってくることだと思います。

(■日本海新聞)他の市町村、例えば米子なんかで、民間の商業施設を無償で譲り受けるというケースがあるのですが、そのたりの考えはどうですか

(○石田市長)それは相手方とのこれからの話で、どうなるかということだと思います

(■朝日新聞)市長の今のお話ですと、市民、福祉、税の窓口を集約できる可能性があるということですが、そうするとすごく人が集まることになると思いますが、駐車場の確保とかそのあたりはいかがでしょうか

(○石田市長)駐車場は基本的には、タカラヤの跡地に整備した駐車場の活用を図るのが当面の活用方法かなと思っています。

(■朝日新聞新たに取得や整備といったことは、現状では考えていませんか。

(○石田市長)そうですね。まずは、そこかなと思っていますけど。

(■朝日新聞)議会の方に関係予算の説明をするとのことですが、先程のお話では、土地代は除くとして、165000万円くらいかかりそうだという、だいたいの試算なのでしょうか。

(○石田市長)それは新築した場合ということなので、今の見通しでは、だいたい13億くらいという見通しを立てています。

(■日本海新聞)第2庁舎の移転先として、旧ホテイが有力視されていますが、交渉がうまくいかなかった場合ですね、新築となれば新築先の土地の確保の目処はいつ頃でしょうか。

(○石田市長)目処はまったくありません。取得できないとなると、当面は今の東庁舎、南庁舎の活用を図っていくことになると思います。ただその場合は水道局長舎はどうするのかといった問題は当然でてきますので、その辺の判断が必要になってくるだろうと思います

(■日本海新聞旧ホテイ堂鉄筋コンクリートの何階建てになるのですか。

(○石田市長)鉄骨造の3階建てです。

(■日本海新聞)延べ床面積は何㎡くらいあるのですか

(○石田市長)5,583。敷地面接2440.95㎡です。

(■NHK)ホテイ堂の全体を使うといったイメージでしょうか。それとも一部使うということでしょうか。

(○石田市長)今のところは、全体を活用する計画です。

(■NHK)東庁舎、南庁舎、水道局出来れば持って行きたいということですね。

(○石田市長)活用の仕方はいろいろ考えられると思いますけども今のところ水道局は、本庁舎の分をホテイに持っていくと本庁舎がかなり空きますので、水道局は本庁舎の方に持っていこうかという気持ちではおります。この辺はこれから詰めないといけませんが。

(■日本海新聞)いないさんが取得された年月日はいつでしょう。

(○山﨑副市長)調べて後で報告します。

(■日本海新聞あわせて建物そのものが建設された年月日も教えてください。

(■日本海新聞)除雪対策費の660万円ですけど、先日の自治公連の懇談会で積雪量20cmを超えた場合に除雪してもらうという中身ですか。

(○石田市長)基本的にはそういう考え方です。

(■日本海新聞)あの時は報奨金という位置づけだったのですが報奨金としてだされるのですか。

(○建設部長)報奨金として出す予定です。

(■日本海新聞)20cmという判断は、どのようにするのですか。

(○建設部長)資料の方に写真等を付けて出していただきますし、職員方が除雪であちこち回っておりますので、そういった所で確認できると考えております

(■読売新聞)先程のホテイの話ですが、市民課、福祉課、税務課を集約するという話ですが、建物全体を使用するという想定だと広すぎるよう思うのですが。

(○石田市長)まあ会議室とか、色々スペースは取れると思いますのでそこは今の本庁舎自体が非常に狭苦しい状況になっていますので、活用の仕方は色々あるだろうと思います。是非有効に活用したいと思います。

(■読売新聞)3つのを中心にするのですか。

(○石田市長)3つ課だけという訳ではありません今までバラバラで市民の皆さんに使い勝手の悪い状況だったものが、効率よく歩いていただけるということです。例えば引っ越してきたとき、あっち行ったりこっちに行ったりしなければならなかったのが、一つの建物の中で、ある程度完結できるようになるのかなというイメージです

(■日本海新聞)明日発行になると思うのですが、市報くらよしのに、市のお財布事情ということで、非常に分かりやすくビジュアル的に紹介されており、市の台所はこうなっているんだなと一目でわかるようになっていますが、同じ市の財政状況ひっ迫しているということで第3次の市の行財政改革計画(案)を作成したということで、広報誌の中でパブコメを募っていらっしゃるのですがこの財政計画(案)を作成した時点でわれわれマスコミに資料提供といったことを流されてないですけど、この当たりはどうなんでしょうか。広報を使ってパブコメを求められるのは良いのですけど、いわゆるマスコミ新聞、テレビ等で紹介するほうが、よりパブコメ等も集まると思うですが、この計画(案)というものは、今後出していくのでしょうか。

(○総務部長)行政改革の計画については、内部的に整ってきたということで、パブコメを1日から20日までさせていただきますし、昨日、行政改革懇談会ということで、市の各種団体の代表者の方との第1回の懇談会を開催したところでございます。今のご質問はその計画について、出たのであれば報道関係にも流せていただければ、広く市民の方にお知らせできるんじゃないかということですので、申し訳ありません。案ではありますけども出させていただくように調整させていただきます。

(■日本海新聞)記者仲間の中で戯れ歌で、新聞記者殺すに刃物はいらぬ、記事の一つも無ければよい」というものがありますので、我々を殺さないためにも情報提供をお願いします。

(○石田市長)失礼しました。さっそくださせていただきます。

(■日本海新聞)今回議案説明の中には無いのですが、大相撲日馬富士問題で、引退を余儀なくされたわけですけども、発生が巡業中の鳥取市内だったということで、今後協会などから巡業中の力士の行動について、なんらかの規制というか対策がとられると思うんですけども、このあたり、倉吉市での桜ずもうということで、佐渡ヶ嶽部屋の協力を得て、毎年力士においでいただいているのですが、今回の日馬富士問題でずもうに影響を与えないか懸念を持っているのですが、そのあたり市長のお考えはどうでしょう

(○石田市長)そこの部分について自身はあまり心配をしておりません。今までから佐渡ヶ嶽部屋とは良好な関係を維持しておりますし、いろんな形で相撲協会からもご協力をいただいておりますので、むしろ相撲協会にとっても、この桜ずもうに協力をいただいている自体はプラスになることだと思いますので、これからも是非、協力していただけるようやっていきたいと思います。なんといっても琴櫻関の顕彰を継続的にやっていくことは倉吉にとっても大事な事だと思っていますので、続けられるようにJCの皆さんとも一緒になって努力していきたいと思います。

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ