メニュー
RSS
最終更新日 2019/08/22
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

6月議会前記者会見

6月13日(木)に開催した会見録です

平成28年6月13日第4回市議会定例会前の記者会見を開催しましたので、会見の詳しい内容を次のとおりお知らせします。

 

と き

平成28年6月13日(木)13時30分~13時45分

ところ

倉吉市役所 議会会議室

会見の内容

1.市長コメント

 平成28年6月第4回倉吉市議会定例会 提出議案について

2.その他

 なし

内容

提出議案について

(■NHK)定刻となりましたので定例記者会見を始めたいと思います。市長の方からお願いします。

(○石田市長)皆さんお集まり頂きましてありがとうございます。6月定例前の記者会見であります。今回の議案については、報告案件が5件、先決案件が1件、予算案件が2件、条例案件が4件、一般案件が2件ということで、全体で14件を予定しております。

 予算案件については、ここであげていますように当初予算編成後の状況を踏まえて必要な経費を補正させていただいたということで、一般会計で1億9,700万円の増額ということで、補正後の予算総額が281億4,900万円余となっています。

 主な事業を6点あげております。

 簡単にご説明いたしますと、まずは熊本地震復興支援事業につきましては、今回の熊本地震への対応ということで、本市からも保健師や危険度判定士の建築技師とかですね、職員の派遣をさせていただいております。これに要する経費ということで200万円余の計上をさせていただきました。

 次に、明倫体育館の解体撤去ということで少し延び延びとなっておりましたが、この関係の経費を3,300万余計上しております。

 次に、ドローンを活用して市の情報発信をやっていこうということで、PR動画の撮影などに使うためのドローンを購入しようということで50万円余を計上しております。

 次に、放課後児童クラブにつきましては順次整備を進めてきたわけですけど、成徳小学校について、特別教室棟の図工室を改造をして児童クラブにしようと話がまとまりましたのでその設計委託料で120万円余を計上しております。

 次に、畜産酪農関係で収益力生産基盤の強化ということで畜産クラスター計画に位置づけられた事業を支援しようということで補助金1,570万円余を計上しております。

 次に、語学指導の関係で外国後教育の充実を図るために英語指導助手を新たに2名増員する経費として780万円余を計上しております。

 予算関係については以上でございます。

 なお、今皆さん関心をもっておられます円形校舎の譲渡については、今回議案として出してはおりませんけど、本件については、現在相手側と調整をしているところでありまして、早急に調整に図った上で議運での相談の上、改めて追加提案として議案を提出したいと思っていますので、今回の当初提案には入れておりません。

 私からは以上です。

質疑

(■NHK)それでは質問のある社はお願いいたします。

(■山陰中央新報)円形校舎の議案についてなんですが、いつぐらいまでに目処というか議案に出す予定でしょうか。

(○石田市長)議会側と議運とも調整しないといけませんが、出来れば質疑が20日に予定されていますので、その質疑の議運までには間に合わせたいなというように思っています。

 

(■NHK)同じく円形校舎についてですが、無償譲渡の方針を示してから議論続けてきてどのような進捗がありましたでしょうか。

(○石田市長)議会にもご説明をし、議会からももう少し説明が足りないじゃないかとご指摘をいただいたこともあって、明倫地区に出かけて説明会を開かせていただきました。反対されている方もまだまだいらっしゃいますので、ここについては丁寧に説明していく努力をこれからもしていきたいと思っています。

(■NHK)今回、初日開会日に提案が間に合わなかったという認識でよいのでしょうか。

(○石田市長)そうですね。現実の問題としてそこまでの準備がまだ十分できなかったということですね。そういったことでの追加提案となったということです。

(■NHK)準備といいますと市側の方と主に事業者側かと思いますが、どのようなところが難航しているのですか。

(○石田市長)難航しているというか、無償譲渡の議案をだすに当たってはですね、やはり譲渡契約というものが必要となってきまして、その契約の詰めをやる必要があるということで、ここについては法的な問題もありますので少し詳細に当たっての検討が必要だということで少し時間を要しているところですね。

(■NHK)その譲渡契約の項目がどのような点がどのような理由で交渉がむずかしいというのはまだいえないと思うのですが、どういったところを重点的に詰めているのか項目で教えてもらえますか

(○石田市長)そうですね相手側のあることですので、あまり細かい話は避けたいと思っていますが、きちっと履行していただけるような形でですね、地域の皆さんにも理解いただけるようなものにしたいなという想いで調整を図っております。

(■NHK)やっぱり価格とかの辺が重要になっているのですか。

(○石田市長)価格は無償だということですので、価格の問題はないわけですけど。

(■NHK)違約条件といいますか、何年間なかった場合、こうしてもらうとか、使わない場合の解体のことだとか、どういった項目を盛り込まれる予定ですか。

(○石田市長)そうですね、やはりうまくいって欲しいわけですけども、万一事業がうまくいかない時には、当然建物をどうするのかということが出てきますので、その辺の調整も図っていくということですね。

(■NHK)市長も住民説明会に参加されて住民の方々の反応とか、改めて地域の想い、地域が負担するから市長としても応援したいということだったと思いますけども、その辺の状況は如何感じましたか。

(○石田市長)説明会には私は出ていないのですけども、担当から聞いた限りでは、どちらかというと事業推進することに賛同されている方の方が多かったと聞いておりますので、そういう面では前向きなご意見は多かったと聞いています。

 

(■山陰中央新報)先日の倉吉のさくらまつり関係のことなのですが、一般質問の中でも姉妹都市に関する質問を用意されている方がおられたのですが、今後予算として何か事業として行われる予定というものはあるのでしょうか。

(○石田市長)そうですね、元々これを始めたときには、当面3年くらいかけて取り組んでいきたいなという気持ちを持っていましたので、第1年度の取っ掛かりとしてはひとつの契機になったんじゃないかと思っていまして、これをどう膨らませていくのか、あるいは市民の皆さんのご理解をいただいて充実したものにしていくのか、これについてはあまり上滑りしないようやっていく必要もあるだろうと思っていまして、しっかりと今までの成果を分析しながら具体的なこれからのあり方を考えていきたいなと思っています。

(■山陰中央新報)関連してなんですが、2日間で1億5千万の経済効果がでたということですが市長としてはどう思われますか。

(○石田市長)1億5千万が多いか少ないかは色々な意見あると思いますが、直接の投資だけじゃなくて、いろいろな波及効果といいますか、宿泊もずいぶんたくさんして頂いたようですし、お土産もたくさん買って頂いたんじゃないかなという感じがしていますし、なによりも色々とツイッターなどの反応をみると倉吉が非常に好きになったとかですね、バーチャルな媒体を使ってのイベントだったわりにはですね、リアルな倉吉の町の良さっていうのがですね非常に評価して頂いたんじゃないかと思っていまして、直接的な数字としてなかなか出てこないと思いますけども、数字以上に波及効果あったんじゃないかなと、そんな印象を私としては持っています。

 

(■日本海テレビジョン放送)円形校舎についてなんですが、反対派の方々に対していつ頃どういうふうに説明していく予定でしょうか。

(○石田市長)そうですね、いまのところまだ目処がたっていませんけども、コンタクトを切らさずにやっていきたいと考えています。

(■NHK)市長としてのお考えとしては、無償譲渡する方針は変わらないということでよろしかったですか。

(○石田市長)はい。これは変わってはおりませんので、その議案は6月議会には出したいと思います。

 

(■NHK)ドローンを使ってのPR動画を作るということですけども、上空からの映像ということで、市長として市内のどのような場所をどう撮影するようなイメージでしょうか。

(○石田市長)例えば赤瓦にしても歩いていてはなかなか綺麗に見えないっていうところもあると思うので、上空から撮ると赤瓦の良さっていうかですね、そういうものもよくわかるんじゃないかなと思います。この辺は若いセンスでいろいろ活用してもらったらいいんじゃないかと思います。

(■NHK)最近自治体のPR動画ってすごい増えてきてまして、琴浦さんとかもドラマ仕立てのものを作ったりしているんですけども、市長として誰向きの動画にして、どのような効果を期待したいと思っていますか。

(○石田市長)やはり動画を見られる層っていうのは比較的若い層が多いんじゃないかという感じがじていますので、あまり型苦しくならないような形で、そういう若い人たちにPRするような映像が配信できたらいいなと思っています。

(■毎日新聞)そのドローンの事業ですけども報酬を含めて事業費含まれていますが、これはいつ頃からの使用を想定していますか。

(○企画振興部長)できれば予算を認めていただいた後すぐにでも、7月にでも予定しております。

(■毎日新聞)7月から講習を始めてっていうような形ですか。

(○企画振興部長)そうです。

(■毎日新聞)実際にPR動画を撮影するのはどれくらい後になりますか。

(○企画振興部長)それもできれば7月に開始できるような、夏のいいシーズンが始まるまでにできたいなと思っています。

(○石田市長)できれば打吹祭りなんかにもですね、映像ができたらいいなと思っていますけども。

 

(■NHK)今回7月10日に参議院選挙がありますけども、初めての合区という点と18歳選挙権という点で現在の状況をどのように見ていらっしゃるのかというのと、投票率の向上に向けて何かされることがありましたらお願いします。

(○石田市長)なにせ始めてのことばかりですので、結果がどうなるのか少し不安な面があります。特に合区の問題は非常に広い選挙区になっていますので、それぞれの候補の皆さんの主張がしっかりと選挙権者の皆さんに伝わるのかという不安もあるわけで、その辺については、選挙権を持っている皆さんには色々なツールを使って、候補者の主張をしっかりと把握をして、是非、棄権をしないで投票に行って欲しいなと思っていますし、特に若い皆さん、18歳選挙権という形になりますので、若いみなさんの選挙行動というのはですね、本当に気になるところで、まずはそこら辺に対するPRについても選挙管理委員会としての取り組みなのかなと思っています。

 合区についてはですね、是非この参議院選挙限りにして欲しいなと気持ちでいっぱいです。

 やはり都道府県の代表というのが今まで長年に渡って構築されてきた制度というように思いますので、もう一度、原点に戻った形の選挙体制になるよう、是非国の中で解決策を見いだして欲しいというように思っています。

 

(■NHK)それでは、以上で記者会見を終わらせていただきます。

(○石田市長)ありがとうございました。

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ