鳥取県倉吉市・移住定住支援サイト
そうだ! 倉吉で暮らそう
Q&A<Q&A アクセスアクセス
TEL 0858-22-8159

田舎のしごと篇

 しごと編トップ

 

2016年度 開催日

こんな方へ(旅のキーワード)

しごと篇オススメ.png


鳥取県のちいさな町で≪懐かしい未来≫に出会う1泊2日の移住ガイドツアーを開催します。
「自分に合った仕事」って何だろう。
移住の実践者や地元の先人との出会い、話し聞き、体験。
案内人の視点を通して田舎での「しごと」を知る1泊2日の旅。

人口57万人。日本一人口が少ない鳥取県。
880万人の大阪府と比べると、10分の1以下の小さな「まち」のような鳥取県。
その中心に位置する《倉吉市》が今回のツアーの舞台です。
 

ガイド紹介


福井 恒美 フクイツネミ

390929_491543334209002_419122662_n.jpg2006年東京都からUターン。農業に従事しながらIJUカフェを立ち上げ、IJU交流デザイナーとして鳥取県の移住と交流をデザインしている。 買い物に行きづらい高齢者に向けた定期的なリヤカーでの野菜販売や、全ての人が学ぶをキーワードに「つながっていく学び舎」のIJU大学設立など、築120年の古民家「大鳥屋」を拠点に移住者と地域をつなぐ新たなコミュニティづくりと、移住者の仕事の創出活動をしている。 WEBサイト ijufukui.jimdo.com 2006年東京都からUターン。農業に従事しながらIJUカフェを立ち上げ、IJU交流デザイナーとして鳥取県の移住と交流をデザインしている。
買い物に行きづらい高齢者に向けた定期的なリヤカーでの野菜販売や、全ての人が学ぶをキーワードに「つながっていく学び舎」のIJU大学設立など、築120年の古民家「大鳥屋」を拠点に移住者と地域をつなぐ新たなコミュニティづくりと、移住者の仕事の創出活動をしている。

WEBサイト ijufukui.jimdo.com

ツアースケジュール

11:00 JR倉吉駅集合

※このツアーは参加者のみなさんの意見を大切にして行程を作っていくオーダーメイド形式のツアーです。季節の行事(祭りなど)により、内容が変更になる可能性があります。

まちなか体験.png

 

ツアー情報

対象 地方での暮らしに興味がある方、移住を考えている方、1泊2日通して参加できる方
参加費 大人:6,000円、中学生未満:3,000円、幼児:無料  ※昼食代は実費負担
定員 1名~7名程度、または、2家族程度(先着順)
最少催行人数  2名
滞在先 古民家 大鳥屋(共同調理、男女別の相部屋)
主催 倉吉市地域づくり支援課、NPO法人養生の郷
チラシダウンロード

倉吉市移住ガイドツアー田舎のしごと編 (4.2MB/PDF)
倉吉市移住ガイドツアー里山の暮らし編 (3.4
MB/PDF)

お申込みについて

申し込み期限 開催3日前まで
申し込み用紙 ダウンロード (36KB/word文書)
申し込み方法 1.氏名、2.生年月日、3.住所、4.電話番号、5.参加する動機、6.その他(アレルギーなど)をメール、またはお電話にてお知らせください。
申し込み先 MAIL fukui.t@realmac.jp
TEL 080-3875-1741(フクイ)
キャンセル料金 前日50%、当日100%
 

過去のツアーレポート

白壁土蔵群・赤瓦

街なか編の主会場は倉吉市の旧市街地。倉吉駅から車で約15分。伝統的な街並みが残る地域です。

古民家 大鳥屋

倉吉駅集合後、路線バスでツアーの拠点「大鳥屋」へ。街なか編案内人 福井さんご夫婦が借りている築100年の古民家です。宿泊や夕食はこちらで。

オリエンテーション

まずは、オリエンテーション&自己紹介。

街並み散策

伝統的な街並みを散策しました。

チャレンジショップ見学

白壁土蔵群・赤瓦にある「チャレンジショップあきない塾」やチャレンジショップ卒業生で移住者の方がオープンしたお店を見学。

空き店舗見学

倉吉商工会議所の案内で空き店舗を見学しました。

銭湯 大社湯

お風呂は、市内で唯一の銭湯へ。明治40年頃創業、国登録有形文化財です。

焼秋刀魚

旬の秋刀魚を焼きました。

夕食&交流会

倉吉市で起業した移住者や地元住民の方と、美味しいご飯を食べながら交流会。

リヤカー市

2日目は、リヤカーでとれたて野菜を販売しました。

移住者のお店でランチ

空き店舗を自分たちで改装した素敵なお店です。

シェアリング

参加者の皆さんが感じたこと、気づいたことなどを話しました。

PAGE TOP