実行委員会

市民、団体、企業、行政が一丸となって、開催準備に取り組み、心からのおもてなしで、魅力ある心温まる大会になるよう実行委員会が大会運営を行います。

実行委員会の開催状況

実行委員会の円滑な運営を図るため、「総務部会」「企画部会」「広報部会」を設置しています。
部会は2~3か月に1回程度開催し、各所掌事務について話し合い、柔軟かつ積極的な事業運営を進めていきます。

実行委員会規約

実行委員会の様子

実行委員集合写真

日本女性会議2022 in 鳥取くらよし実行委員会

総務部会の様子

総務部会の様子

企画部会の様子

企画部会の様子

広報部会の様子

広報部会の様子

上記の他、企画部会では9つの分科会ごとに分かれて内容の検討を進めています。

各部会の開催

総務部会

開催日 検討内容等
7回 2021年8月19日(木曜日) ・協賛金等募集について
・おもてなし計画・内容について
・資料用バッグについて
6回 2021年7月21日(水曜日) ・協賛金等募集について
・おもてなし計画・内容について
・参加受付・宿泊手配業務について
・資料用バッグについて
5回 2021年3月17日(水曜日) ・協賛金の募集計画、募集要項(案)の確認
4回 2021年2月3日(水曜日) ・協賛金の募集について(募集計画、募集要項(案))
3回 2020年12月11日(金曜日) ・シンボルマーク・ロゴタイプ募集要項案の決定
・協賛金・寄付の募集計画案について意見交換
2回 2020年11月20日(金曜日) ・R3年度予算についての検討他
1回 2020年11月6日(金曜日) ・今後の活動について
・部会メンバーの選出

企画部会

開催日 検討内容等
6回 2021年10月26日(火曜日)

・分科会会場、スケジュール(案)について

・プレイベントの役割分担について

・新型コロナウイルス感染拡大によるイベントの中止基準について

5回 2021年4月14日(水曜日) ・担当分科会の決定
4回 2021年2月16日(火曜日) ・分科会テーマ(8分科会)の決定
3回 2021年1月15日(金曜日) ・分科会テーマ(分野)ごとの担当者について
・よりん彩記念日フォーラムでのプレイベントについて

2回

2020年11月24日(水曜日) ・部会運営について
1回 2020年10月9日(金曜日) ・分科会の内容について
・今後の活動について
・部会メンバーの選出

広報部会

開催日 検討内容等
7回 2021年11月5日(金曜日) プレイベントでのPRについて
6回

2021年9月24日(金曜日)

プレイベントでの広報活動について
5回 2021年6月18日(金曜日) ・広報コンテンツ制作について
・宣材収集について
4回 2021年4月22日(木曜日) ・シンボルマーク使用規程について
・webサイト構築について

二次

選考

2021年3月4日(木曜日)

~3月9日(火曜日)

実行委員会に諮る作品選考の採点
選考会議

一次

選考

2021年3月1日(月曜日)

〜3月4日(木曜日)

シンボルマーク応募作品の一次選考
(採点対象作品の選定)
3回 2021年2月19日(金曜日) ・シンボルマーク応募作品の審査手順について
(選考委員について、選考手順について)
・オリジナルフレーム切手企画について
2回 2020年12月25日(土曜日) ・シンボルマークの募集について
(募集要項(案)、選考委員会について)
1回 2020年11月17日(火曜日) ・部会運営について
(部会の内容と部員の募集について)

分科会のテーマ

分科会 テーマ 概要

食と健康

(体験型:ウォーキングと農業体験、民泊)※選択制

◆民泊:中山間地域の農村において、農業者の収入確保や都市との交流による農村の活力の創造、地域の魅力発信などをねらいとしている。

◆ウォーキング・農業体験:現地のさまざまな地域資源に触れてもらうことで、地域の魅力を認識、地域の認知度を高め、当地のファンを増やすことをねらいとし、「地域活性化」「まちづくり」をテーマにする。

【学生企画】 ※2022年度学生募集予定

性の権利と健康

「性(いのち)の権利を伝えたい」をカタチにするには~自分の心とからだを大切にするには?~

性教育の遅れやDV防止対策などの現状と課題など、先進的な取組を知ることで、これから何をしていけばよいかを考える。
(学生や子育て中の方などをターゲットに自分ごととしてとらえてもらう)

女性の活躍
女性活躍の第一歩

~「無関心」から「関心」へCHANGE!~

様々な分野(農業分野、地域活動、学生の視点、政治分野、企業分野)で活躍されている女性や、それを支える人たちの話を聞くことで、自分にできることは何かを考える。
ワーク・ライフ・バランス
ジェンダーバイアスフリーの家事参画、アフターコロナ
~手軽、身軽、気軽の三軽から考えるジェンダーバイアスフリークッキング~
講師による調理のデモンストレーションの後、調理実習を行う予定。
「家事は女性のするもの」という性別による固定的役割分担意識の解消とともに、今まで料理経験のない(少ない)主に男性をターゲットに、調理の楽しさや大切さを実感することで、家庭での男女共同参画について考える。
あらゆる視点での防災
周りの弱者のことを考えたことはありますか?
~あらゆる視点での対応を考える~
西日本豪雨災害で起きた事例を元に、「地域で暮らすための支援」を重点に講演。その後のパネルディスカッションでは、地域の中で「共助」の意識をどう高めていくかなど、障がいのある人にスポットをあて考えることで、だれにでも安心安全な地域防災を考える。
子どもの権利
障がいがあるなしに関わらず 共に学び 共に育つ
子ども同士が多様性を認め合うことがだれも排除されない社会につながる。ターゲットを「子育て世代」とし、子どもたちが多様性を受け入れ認め合いながら過ごすには、大人はどう接したら良いかを考える。
ネットフォーラム
ありのままの自分って何?
~アバターでコミュニケーション~
◆アバターを介することで、性差にとらわれない究極のジェンダーレス会議を実現。自己表現の場の提供についての可能性を探る。
◆VRハラスメントなどネット上のハラスメントに対する問題提起やネットやVRの未来の可能性を語り合う。
◆ポップカルチャーによるまちづくりのPR
IKIGAI(いきがい)
くらよし版♪人生会議(ACP)
~よりよく生きるための今と心づもり~

人生の終わりまでどのように生きたいかを考える(*ACP)ことで、今を大切に生きること、改めて生き方を考えることへつなげる。

*ACP…Advance Care Planningとは、将来の変化に備え、将来の医療及びケアについて、本人を主体に、そのご家族や近しい人、医療・ケアチームが、繰り返し話し合いを行い、本人による意思決定を支援するプロセスのことです。