メニュー
RSS
最終更新日 2019/03/18
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

国民年金保険料の免除制度

平成31年4月から産前産後期間の免除制度が始まります

1 免除期間
 出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の保険料が免除されます。
 多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の保険料が免除されます。
 ※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の分娩をいい、早産、死産、流産及び人工妊娠中絶を含みます。
2 対象者
 国民年金第1号被保険者で、出産日が平成31年2月1日以降の人
3 届出時期
 出産予定日の6か月前から届出可能で、期限はありません。
 ただし、届出ができるのは平成31年4月からです。
4 必要なもの
 母子健康手帳
5 産前産後期間の取扱い
 産前産後期間として認められた期間は、保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。
6 変更の届出
 出産前に届出した場合に、出産予定日の属する月と、実際の出産日の属する月がずれた場合でも、原則変更は行いません。
 ただし、実際の出産日を基準とすることで免除期間が長くなる場合や、単胎で届出後に、多胎であることが判明した場合には、変更の届出ができます。
7 保険料の還付等
 産前産後免除期間に納付された保険料は還付されます。ただし、未納期間があるときは、還付に代えて当該期間に係る保険料に充当されます。
 


 国民年金保険料は毎月納めていただきますが、収入の減少や失業等により、保険料を納めることができなくなることもあります。しかし、保険料を未納のままにしておくと、将来の年金や、障がいや死亡といった不測の事態が生じたときに「障害基礎年金」や「遺族基礎年金」を受け取ることができない場合があります。
 そのような状況を防ぐため、本人からの申請により保険料が免除または猶予される制度があります。

全額免除・一部免除制度

 本人・配偶者・世帯主それぞれの前年所得が下の計算式の金額以下であれば、本人が申請することによって、保険料の全額または一部の納付が免除されます。
  審査対象者:本人・配偶者・世帯主
  免除サイクル(承認期間):7月~翌年6月

納付猶予制度

 50歳未満の方については、本人・配偶者それぞれの前年所得が下の計算式の金額以下であれば、本人が申請することによって、保険料の納付が猶予されます。
  審査対象者:本人・配偶者
  免除サイクル(承認期間):7月~翌年6月

全額免除・納付猶予 ⇒ ( 扶養親族等の数 + 1 ) × 35万円 + 22万円
4分の3免除 ⇒    78万円 + 扶養親族等控除額 + 社会保険料控除額等
半額免除 ⇒  118万円 + 扶養親族等控除額 + 社会保険料控除額等
4分の1免除 ⇒  158万円 + 扶養親族等控除額 + 社会保険料控除額等

*平成30年7月~平成31年6月分の申請については、平成29年中の所得で審査されます。

学生納付特例制度

 学生で前年所得が下の計算式の金額以下であれば、本人が申請することによって、保険料の納付が猶予されます。
   審査対象者:学生本人
   免除サイクル(承認期間):4月~翌年3月
※学生とは…大学、大学院、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校(学校教育法で規定されている修業年限が1年以上の課程)に在籍する学生等

  118万円 {( 扶養親族等の数 × 38万円 }

 

■退職(失業)の場合は、退職された方の所得を除外して審査されます(免除制度・納付猶予制度・学生納付特例制度)
「雇用保険受給資格者証」、「雇用保険被保険者離職票」、「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書」など、失業していることを確認できる公的機関の証明の写しが必要です。

■申請免除等のそ及承認
 国民年金保険料の免除、納付猶予や学生納付特例は、過去2年(申請月の2年1ヶ月前の月分)まで申請できます。ただし、申請が遅れると障害年金を受け取れないなどの不利益が生じる場合がありますので、すみやかに申請してください。

■法定免除
 次に該当する国民年金の第1号被保険者は、届出れば保険料が免除されます。
 ・障害基礎年金、被用者年金の障害年金(2級以上)を受けている方
 ・生活保護法による生活扶助を受けている方
 ・厚生労働大臣が指定する施設(ハンセン病療養所、国立保養所など)に入所している方

■将来の年金への影響
 老齢基礎年金の年金額は、保険料を40年間納めた場合の満額が779,300円(平成30年度)ですが、免除等を受けた期間、未納期間があると減額されます。

保険料の納付状況

受給資格期間

受け取る年金額に

全額納付・産前産後免除

含まれます

計算されます

1/4免除

減額された保険料を納付すれば含まれます

減額された保険料を納付すれば

7/8計算されます 

半額免除

3/4計算されます 

3/4免除

5/8計算されます ※

全額免除・法定免除

含まれます

1/2計算されます ※

納付猶予

計算されません

学生納付特例

計算されません

未納(納付なし)

含まれません

計算されません

       

 ※ 平成21年3月以前の免除期間は、上記の割合と異なります。
  1/4免除 … 5/6計算されます    半額免除 … 2/3計算されます
  3/4免除 … 1/2計算されます    全額免除・法定免除 … 1/3計算されます
 全額納付と一部納付は、納付期限から2年を経過すると、時効により納付できなくなります。
 一部免除を受けていても減額された保険料を納めないと全額未納と取り扱われますのでご注意ください。

■追納できます
 免除等を受けた期間の保険料は、10年以内であれば、後から納付すること(追納)ができます。
 追納すれば、将来受け取る年金額を増やすことができます。 
 ※免除等の承認を受けた期間の翌年度から数えて3年度目以降に追納する場合は、当時の保険料額に一定額が加算されます。
 ※追納をご希望のときは、倉吉年金事務所(電話0858-26-5311)へお問い合わせください。

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ