更新日:2023年9月11日

この学習会は終了しました。

2023年度部落解放・人権政策確立要求鳥取県実行委員会学習会

学習会イメージ

 「全国部落調査」復刻版出版事件裁判は、戦前に作成された被差別部落の地名や世帯数の調査を「復刻版」として出版及びインターネットで公開した出版社と作者に対して、差別をばらまき・差別を助長するものであるとして、差し止めと損害賠償を求めた訴訟です。
 2021年に東京地裁で判決があり、このリストは差別を助長するものであり、出版・公開をしてはならないとの判決が下されました。しかし、プライバシーの侵害という狭い判断基準の中で、差し止めが認められる県とそうでない県が生じ、差別されない権利についても認められないなど、不十分な点があったことから、原告団は東京高裁に控訴し、6月28日に控訴審判決が出されました。これにより、差別されない権利が実質的に認められ、差し止めが認められた県が増加するなど、大きく前進した判決となりました。
 この学習会では、原告団の片岡明幸さんをお招きし、この判決の内容や今後についてお話を聞き、鳥取県の今後の取組に活かしていくものです。ぜひご参加ください。

演題・講師

  • 演題:「全国部落調査」復刻版出版事件裁判の結果報告
  • 講師:部落解放同盟中央本部執行副委員長 片岡 明幸さん

場所

倉吉未来中心小ホール

日時

2023年8月9日(水曜日)午後1時30分から午後3時30分まで

参加費

入場無料

その他

※実行委員会が参加を不適当と判断した方は、入場をお断りする場合があります。

主催

部落解放・人権政策確立要求鳥取県実行委員会(倉吉市人権政策課内)
TEL/ 0858-22-8130  FAX/ 0858-23-9100
電子メール/ jinkenseisaku@city.kurayoshi.lg.jp