平成13年度バランスシート

(平成14年3月31日現在)

      (単位:千円)

借  方

     

貸  方

   
〔資産の部〕       〔負債の部〕    
1.有形固定資産       1.固定負債    
(1)総務費 3,230,831     (1)地方債 26,871,859  
(2)民生費 3,320,927          
(3)衛生費 333,453     (2)債務負担行為    
(4)労働費 201,389     @物件の購入等 0  
(5)農林水産業費 5,890,960     A債務保証又は損失補償 0  
(6)商工費 650,380      債務負担行為計 0  
(7)土木費 35,542,568          
(8)消防費 228,245     (3)退職給与引当金 3,198,354  
(9)教育費 19,524,568          
(10)その他 558,447     (4)その他 0  
69,481,768          
(うち土地 22,866,262 )   固定負債合計 30,070,213  
有形固定資産合計 69,481,768          
        2.流動負債    
2.投資等       (1)翌年度償還予定額 2,113,998  
(1)投資及び出資金 603,975          
(2)貸付金 1,452,208     (2)翌年度繰上充用金 0  
(3)基金            
@特定目的基金 1,992,983     流動負債合計 2,113,998  
A土地開発基金 423,537          
B定額運用基金 5,150     負債合計 32,184,211  
 基金計 2,421,670          
(4)退職手当組合積立金 0          
投資合計 4,477,853          
        〔正味資産の部〕    
3.流動資産            
(1)現金・預金       1.国庫支出金 13,464,021  
@財政調整基金 318,660          
A減債基金 1,221,929     2.都道府県支出金 6,607,184  
B歳計現金 561,412          
 現金・預金計 2,102,001     3.一般財源等 24,242,732  
(2)未収金            
@地方税 312,061     正味資産合計 44,313,937  
Aその他 124,465          
 未収金計 436,526          
流動資産合計 2,538,527          
             
資産合計 76,498,148     負債・正味資産合計 76,498,148  
※債務負担行為に関する情報 @物件の購入等 639,253千円
A債務保証及び損失補償 224,414千円
B利子補給等に係るもの 3,117千円
 本年度のバランスシートを見ますと,資産が9億円以上昨年度に比べ減額になっています。有形固定資産は2億円の増額であるにもかかわらず,資産が減っているのは,基金と現金がともに4億6千万円の減になっているからです。基金につきましては減債基金を2億4千万円,また公共施設等建設基金を2億円,取崩しいたしました。

 有形固定資産で増加額が最も大きいのは教育費で9億8千万円の増額でした。これはパークスクエア東側に位置する史跡大御堂廃寺跡の土地買上に7億円を要したためです。二番目に大きかったのは総務費でした。これは駅前公共施設用地の取得に2億4千万円(公共施設等建設基金の取崩2億円を充当)費やしたからです。

 負債はどうかといいますと全体で2億7千万円の減になっています。地方債が2億円減っている(19億4千万円借り入れて,21億4千万円返済しました。)ための減です。正味資産は差引で6億4千万円減額になっています。