平成16年度バランスシート

(平成17年3月31日現在)

      (単位:千円)

借  方

     

貸  方

   
〔資産の部〕       〔負債の部〕    
1.有形固定資産       1.固定負債    
(1)総務費 4,052,213     (1)地方債 30,784,458  
(2)民生費 3,632,614          
(3)衛生費 424,645     (2)債務負担行為    
(4)労働費 181,721     @物件の購入等 0  
(5)農林水産業費 7,503,688     A債務保証又は損失補償 0  
(6)商工費 1,502,217      債務負担行為計 0  
(7)土木費 41,582,985          
(8)消防費 234,477     (3)退職給与引当金 3,928,589  
(9)教育費 22,371,440          
(10)その他 557,882     (4)その他 0  
82,043,882          
(うち土地 26,381,628 )   固定負債合計 34,713,047  
有形固定資産合計 82,043,882          
        2.流動負債    
2.投資等       (1)翌年度償還予定額 3,087,203  
(1)投資及び出資金 714,909          
(2)貸付金 1,664,723     (2)翌年度繰上充用金 0  
(3)基金            
@特定目的基金 1,675,581     流動負債合計 3,087,203  
A土地開発基金 442,695          
B定額運用基金 1,900     負債合計 37,800,250  
 基金計 2,120,176          
(4)退職手当組合積立金 0          
投資合計 4,499,808          
        〔正味資産の部〕    
3.流動資産            
(1)現金・預金       1.国庫支出金 15,241,840  
@財政調整基金 588,660          
A減債基金 527,606     2.都道府県支出金 7,928,499  
B歳計現金 553,736          
 現金・預金計 1,670,002     3.一般財源等 27,811,063  
(2)未収金            
@地方税 406,626     正味資産合計 50,981,402  
Aその他 161,334          
 未収金計 567,960          
流動資産合計 2,237,962          
             
資産合計 88,781,652     負債・正味資産合計 88,781,652  
※債務負担行為に関する情報 @物件の購入等 70,720千円
A債務保証及び損失補償 231,616千円
B利子補給等に係るもの 0千円
 本年度のバランスシートは、関金町と合併したため旧関金町・関金町倉吉市中学校組合を合算して作成しています。昨年度と比べて資産が13億7千万円以上減額になっています。基金が3億5千万円の減額となっていますが、これは地域福祉基金などを廃止して取崩ししたためです。また、有形固定資産は9億8千万円の減額となっています。

 有形固定資産で減額が大きかったのは教育費と土木費でそれぞれ3億8千万円と3億5千万円の減額でした。これは平成16年度に行った建設事業に比べパークスクエア整備事業(教育費と土木費)や沿道土地区画整理事業(土木費)などの減価償却額が大きいためです。一方、総務費は2億8千万円の増額で平成15年度から施行している地域情報通信基盤整備事業によるものです。

 負債は全体で6億5千万円の減額になっています。これは地方債残高が減となったためです。正味資産は差引で7億2千万円減額になっています。