平成17年度バランスシート

(平成18年3月31日現在)

      (単位:千円)

借  方

     

貸  方

   
〔資産の部〕       〔負債の部〕    
1.有形固定資産       1.固定負債    
(1)総務費 3,957,671     (1)地方債 31,267,485  
(2)民生費 3,436,493          
(3)衛生費 389,496
    (2)債務負担行為    
(4)労働費 175,177
    @物件の購入等 0  
(5)農林水産業費 6,780,038     A債務保証又は損失補償 0  
(6)商工費 1,439,185      債務負担行為計 0  
(7)土木費 41,175,535          
(8)消防費 206,881
    (3)退職給与引当金 3,936,264  
(9)教育費 22,283,213          
(10)その他 557,503     (4)その他 0  
80,401,192          
(うち土地 26,583,427 )   固定負債合計 35,203,749  
有形固定資産合計 80,401,192          
        2.流動負債    
2.投資等       (1)翌年度償還予定額 3,131,644  
(1)投資及び出資金 714,514          
(2)貸付金 1,501,619     (2)翌年度繰上充用金 0  
(3)基金            
@特定目的基金 3,225,553     流動負債合計 3,131,644  
A土地開発基金 442,696          
B定額運用基金 1,950     負債合計 38,335,393  
 基金計 3,670,199          
(4)退職手当組合積立金 0          
投資合計 5,886,332          
        〔正味資産の部〕    
3.流動資産            
(1)現金・預金       1.国庫支出金 14,944,377  
@財政調整基金 588,660          
A減債基金 752,118     2.都道府県支出金 7,531,771  
B歳計現金 883,129          
 現金・預金計 2,223,907     3.一般財源等 28,314,350  
(2)未収金            
@地方税 439,045     正味資産合計 50,790,498  
Aその他 175,415          
 未収金計 614,460          
流動資産合計 2.838.367          
             
資産合計 89,125,891     負債・正味資産合計 89,125,891  
※債務負担行為に関する情報 @物件の購入等 61,880千円
A債務保証及び損失補償 216,776千円
B利子補給等に係るもの 0千円
 昨年度と比べて資産が3億4千万円程度の増額になっています。基金が15億5千万円の増額となっていますが、これは若者の定住化促進基金を創設したためです。また、有形固定資産は16億4千万円の減額となっています。

 有形固定資産で減額が大きかったのは農林水産業費と土木費でそれぞれ7億2千万円と4億1千万円の減額でした。これは平成17年度に行った建設事業に比べ減価償却額が大きいためです。

 負債は全体で5億4千万円の増額になっています。これは合併特例債(若者の定住化促進基金創設等)の発行などにより地方債残高が増加したためです。正味資産は差引で1億9千万円減額になっています。