この講座は終了しました。

「クラウディアからの手紙」~戦争の悲惨さと人の思いやりの大切さ~

 第二次世界大戦後、スパイ容疑の罪で数十年間ソビエト連邦の監視下に置かれたある日本人が、

ソビエト連邦崩壊後に日本へ帰国されました。

 彼を支えたパートナーとの別離、戦争の不条理と人間愛を描いたドキュメンタリー映像を上映し、

当時制作担当ディレクターだった河野さんからお話を伺います。

講師

日本海テレビジョン株式会社 報道制作部シニアアドバイザー 河野 信一郎さん

 

日時

令和6年7月6日(土曜日) 午後1時30分から3時まで

 

場所

倉吉交流プラザ視聴覚ホール(倉吉市立図書館2階) 倉吉市駄経寺町187-1

 

事前申し込みについて

受講の申込みは不要です。ライブ配信はありません。

 

チラシ

第2回人権のために学ぶ同和教育講座チラシ.pdf(PDF:298KB)

 

配慮が必要な方へ

 文字通訳、場内誘導、座席の確保等について配慮をご希望の方は、原則として開催日の1週間前までに

ご希望の内容をお知らせください。

 ご相談のうえ、できる限りの対応を検討させていただきます。

(なお、当日は手話通訳あり)

 

お申込先、お問い合わせ先

倉吉市人権政策課 〒682-8633 倉吉市堺町二丁目253番地1 
電話  0858-22-8130  FAX  0858-22-8230
電子メール  jinkenseisaku@city.kurayoshi.lg.jp