更新日:2021年8月16日

打吹公園(うつぶきこうえん)

IMG_9034 - コピー.JPG

さくらが見頃を迎えた打吹公園 羽衣池(平成30年3月)

 

打吹山の麓にある打吹公園は、大正天皇が皇太子の時、

山陰に訪れたのを記念して、明治37年に造園されました。

その後も手が加えられ、サクラとツツジの開花期には多くの観光客でにぎわいます。

園内には大正天皇ゆかりの飛龍閣や、ふれあい動物広場があります。

 

IMG_9324 - コピー.JPG

椿の平(つばきのなる)

IMG_9471 - コピー.JPG

ふれあい動物広場    

IMG_9457 - コピー (1).JPG

飛龍閣

  • 2018年04月19日
    打吹公園ごあんない(パンフレット)
  • 2018年04月25日
    当園の造園から現在までに至る経緯についてご紹介します。
  • 2023年03月03日
    この施設は、明治37年に建築し、明治40年に皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の山陰行啓の際に宿舎として使用された建造物で、国の登録有形文化財として登録されています
  • 2021年09月02日
  • 2018年04月25日
    明治40年に大正天皇が倉吉に行啓された際に、県立倉吉農業高等学校にお手植えされた高野槇(こうやまき)を、当園の飛龍閣中庭に植樹しました。
  • 2019年01月28日
  • 打吹公園をはじめ、倉吉市内公園の紹介をしています。