緊急情報

緊急情報・注意喚起

  • ただいま緊急災害情報はありません。

閲覧補助support

自動翻訳

色変更

文字サイズ

 
更新日:2024年2月29日

戸籍法が改正され、令和6年3月1日から、本籍地以外の市区町村の窓口でも戸籍証明書などを請求できます(広域交付)。
また、戸籍の届出(婚姻届や転籍届など)の際に、戸籍証明書の添付は不要となります。

戸籍証明書等の広域交付ができるようになります

  • どこでも
    本籍地が遠くにある方でも、お住まいや勤務先の最寄りの市区町村の窓口に請求できます。
  • まとめて
    本籍地がそれぞれ異なる市区町村にある場合でも、1か所の市区町村の窓口にまとめて請求できます。

 


請求できる戸籍

証明書の種類 手数料(1通)
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) 450円
除籍全部事項証明書(除籍謄本) 750円
改製原戸籍謄本 750円
  • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)、戸籍の附票、戸籍諸証明(身分証明書、独身証明書など)は広域交付の対象外です。
  • 戸籍に記載されている氏または名の文字等何らかの理由により、コンピュータによる取扱い(戸籍の電子化)に適合していない戸籍(改製不適合戸籍)の人は戸籍証明書の広域交付の対象外となります。

請求できる人

  • 本人
  • 配偶者
  • 父母や祖父母などの直系尊属
  • 子や孫などの直系卑属

直系図の画像

直系図

上記の人が直接市区町村の窓口にお越しになり、請求する必要があります。
※きょうだいは直系尊属・卑属ではありません。

 

 

広域交付の取扱ができない場合

次の場合は広域交付のお取り扱いができませんので、本籍地の市区町村へご請求ください。

  • 郵送による請求
  • 代理人による請求(委任状を持参された場合や法定代理人による請求もできません)
  • 第三者による請求
  • 弁護士、司法書士等の職務上請求

 

 

請求時の本人確認方法

  • 広域交付における本人確認は、官公署が発行した顔写真付きの身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等)に限ります。
  • 健康保険証、年金手帳等での本人確認はできませんのでご注意ください。

取扱窓口

取扱窓口

  • 市民課(第二庁舎) または 関金支所
  • エキパル倉吉ではご利用いただけませんのでご注意ください。

取扱時間

  • 平日の午前8時30分〜午後5時15分
  • 交付するのにお時間がかかる場合があり、翌日以降のお渡しになることもあります。お時間に余裕をもってお越しください。

 

戸籍届出の際の戸籍証明書の添付が不要になります

 

  • 本籍地でない市区町村に戸籍の届出を行う場合でも、提出先の市区町村の職員が本籍地の戸籍を確認することができるようになるため、戸籍届出時の戸籍証明書の添付が原則不要となります。
  • 戸籍に記載されている氏または名の文字等何らかの理由により、コンピュータによる取扱い(戸籍の電子化)に適合していない戸籍(改製不適合戸籍)の人は引き続き戸籍謄本等の添付が必要です。

関連リンク

 詳細は法務省ホームページをご覧ください。

  戸籍法の一部を改正する法律について(令和6年3月1日施行)