メニュー
RSS
最終更新日 2019/10/17
文字サイズ
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 税務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-22-8611 
E-mail/ zeimu@city.kurayoshi.lg.jp
総務部 市民課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-22-2954 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
企画産業部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
企画産業部 商工観光課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
企画産業部 地域づくり支援課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
企画産業部 農林課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
企画産業部 人権政策課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-22-8135 E-mail
企画産業部 環境課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-7020 : E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 保健センター
〒682-0044 鳥取県倉吉市小田458
TEL/0858-26-5670 FAX/0858-26-5660 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 下水道課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8176 FAX/0858-22-8140 E-mail
倉吉市水道局
〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋307-1
TEL/0858-26-1031 FAX/0858-26-3242 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638
教育委員会事務局 生涯学習課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-23-9100 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

倉吉市の台所事情

  市報7月1日号に掲載

倉吉市の財政はこんなにたいへん

 

 

 

最近全国の自治体から、お金がないとか予算が組めないとかいう声がよく聞かれますが、どうしてそんなに急にお金が減ってしまったのか、非常事態に備えて少しずつ貯めてきた貯金がなぜ急になくなってしまったのでしょうか。

 

皆さんも「三位一体」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これは「国庫補助金の廃止削減」「税源移譲」「地方交付税の見直し」の三つの改革を同時に行う国の政策で「三位一体の改革」と称されます。そのうち「地方交付税の見直し」とは、交付税総額の削減を主な目的としており、このことにより国の財政再建を図ろうとするものです。

 

平成16年1月、国の地方財政計画が示されました。この計画について各地方公共団体から大きな不満が吹き出ました。「交付税等が大幅に減って予算が組めない」という悲鳴です。16年度の地方財政計画では、地方交付税(注1)総額は1.2兆円、6.5%の減です。ただし、これと合わせて臨時財政対策債(注2)が1.7兆円、28.6%減となっています。この合計が2.9兆円、12.0%減となっています。この点について不満が出たのです。

 

交付税総額は、平成15年度も1.5兆円、7.5%減っています。交付税だけを見ると16年度の方が減り方が少ないのですが、交付税総額と臨時財政対策債合計が減るのは初めてのことです。

 

倉吉市も、平成16年度に地方交付税と臨時財政対策債の合計額が大きく減額しました。平成17年度については現計予算のベースですが、前年度と同様大きな減額となっています(図1)。平成16年度にさまざまな歳出削減策を打ち出した背景の一つには、国のこのような財政再建策がありました。

 地方交付税等

 

 

平成17年度予算についても交付税等の大幅な減額などによって大変厳しい予算編成となり、基金(貯金)を取崩さざるを得ませんでした(図2)。

 

基金残高 

 

 

三位一体の改革は、平成18年度まで続きます。それ以降は具体的な数値は示されていませんが、国の財政健全化の方針は継続するものと思われますので、厳しい予算編成も続く見込です。今後とも歳入の適正化、歳出の削減を常に念頭におき、予算の編成・執行を行ってまいります。ご理解いただきますようよろしくお願いします。

 

 

 

(注1)

 

地方交付税

 

 地方団体間の財源の不均衡を調整し、すべての地方団体が一定の水準を維持しうるような財源を保障する見地から、国税として国が代わって徴収し、一定の合理的な基準によって再配分する、いわば、国が地方に代わって徴収する地方税です。

 

 地方交付税率及び対象税目・・・所得税・酒税の32%、法人税の35.8%、
               消費税の29.5%たばこ税の25%

 種類・・・普通交付税94%、特別交付税6%

 普通交付税額 =(基準財政需要額-基準財政収入額) = 財源不足額

 基準財政需要額=単位費用(法定)×測定単位(国調人口等)×補正係数(寒冷補正等)

 基準財政収入額=標準的税収入見込額×基準税率(75%)

 

 

 

 

(注2)

 

 

臨時財政対策債

 

 平成12年度までは、財源不足を交付税特別会計借入金により措置し、その償還を国と地方が折半して負担する措置を講じてきました。平成13年度の地方財政対策においては、国負担分については、国の一般会計からの加算により、地方負担分については、地方財政法第5条の特例となる地方債により補てん措置を講じることとしました。今後平成18年度までの間実施されます。

 

 

  

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ