個人住民税の定額減税について

 わが国経済をデフレに後戻りさせないための措置の一環として、令和6年度税制改正において、令和6年分の所得税及び令和6年度分の個人住民税において定額減税が実施されることとなりました。

 個人住民税の定額減税の概要は以下のとおりです。

対象となる方

 前年の合計所得金額が1,805万円以下の個人住民税所得割の納税義務者

減税額

 本人、配偶者を含む扶養親族1人につき、1万円

 ※1 定額減税の対象となる方は、国内に住所を有する方に限ります

 ※2 同一生計配偶者及び扶養親族の判定は、原則、前年1231日の現況によります。

 ※3 控除対象配偶者以外の同一生計配偶者の方がいる場合は、令和7年度分の個人住民税において1万円の定額減税が行われます。

徴収方法

 (1)給与所得に係る特別徴収(給与所得者の方)

  ➣ 令和6年6月分は徴収されず、定額減税「後」の税額が令和6年7月分~令和7年5月分11か月で均されます。

 (2)普通徴収(事業所得者等の方

  ➣ 定額減税「前」の税額をもとに算出された第1期分(令和6年6月分)の税額から控除され、控除しきれない場合は、第2期分(令和6年8月分)以降の税額から、順次控除されます。

 (3)公的年金等に係る所得に係る特別徴収(年金所得者の方

  ➣ 定額減税「前」の税額をもとに算出された令和6年10月分の特別徴収税額から控除され、控除しきれない場合は、令和6年12月分以降の特別徴収税額から、順次控除されます。

 ※詳細は、添付のリーフレットをご確認ください

 240401_03_個人住民税の定額減税リーフレット(倉吉市版).pdf(2024年4月6日 10時23分 更新 122KB)

その他

 (1)減税額については、納税通知書又は特別徴収税額通知書の税額控除欄等に記載があります。

 (2)定額減税は、住宅ローン控除や寄附金税額控除など、全ての控除が行われた後の所得割額から減税されます。

 (3)減税しきれない場合は、別途給付金(調整給付)が支給されます。給付金の詳細は、

  内閣官房ホームページ「新たな経済に向けた給付金・定額減税一体措置」をご参照ください。

  ( https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/benefit2023/index.html )

 (4)所得税(国税)の定額減税の詳細は、国税庁ホームページ「定額減税特設サイト」

  ( https://www.nta.go.jp/users/gensen/teigakugenzei/index.htm )

  をご参照いただくか、または倉吉税務署(☎0858-26-2721)へ直接お尋ねください。

 (5)定額減税や給付金をかたった不審な電話、ショートメッセージやメール等にご注意ください。

  240604_定額減税詐欺注意リーフレット.pdf(2024年6月5日 20時11分 更新 445KB)