メニュー
文字サイズ
背景色 標準
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
市民生活手続き情報 観光情報 ビジネス・農林業・企業誘致情報
人生のできごと
くらしのガイド
総務部 総務課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8112 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 防災安全課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8162 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 職員課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8164 FAX/0858-22-1087 E-mail
総務部 財政課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8163 FAX/0858-22-1087 E-mail
生活産業部 税務課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8114 FAX/0858-27-0518 E-mail
生活産業部 市民課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8155 FAX/0858-24-6711 E-mail
総務部 関金支所
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2111 FAX/0858-45-3964 E-mail
総務部 企画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8161 FAX/0858-22-8144 E-mail
生活産業部 商工観光課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8158 FAX/0858-22-8136 E-mail
生活産業部 地域づくり支援課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8159 FAX/0858-22-8230 E-mail
生活産業部 農林課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8157 FAX/0858-23-9100 E-mail
生活産業部 人権政策課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8130 FAX/0858-23-9100 E-mail
生活産業部 環境課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8168 FAX/0858-27-0518 E-mail
人権文化センター
〒682-0864 鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2
TEL/0858-22-4768 FAX/0858-23-1645 E-mail
健康福祉部 福祉課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8118 FAX/0858-22-7020 E-mail
健康福祉部 子ども家庭課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8100 FAX/0858-22-8135 E-mail
健康福祉部 保険年金課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8124 FAX/0858-22-2954 E-mail
健康福祉部 長寿社会課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-7851 FAX/0858-27-0032 E-mail
健康福祉部 健康推進課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-27-0030 FAX/0858-27-0032 E-mail
建設部 管理計画課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8174 FAX/0858-22-8179 E-mail
建設部 建築住宅課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8175 FAX/0858-22-8140 E-mail
建設部 建設課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8169 FAX/0858-22-8153 E-mail
倉吉市上下水道局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-27-0638 FAX/0858-27-1133 E-mail
建設部 地域整備課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-27-0516 FAX/0858-22-8153 E-mail
倉吉市上下水道局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-27-1132 FAX/0858-27-1133 E-mail
教育委員会事務局 教育総務課
〒682-0823 鳥取県倉吉市東町435-1
TEL/0858-22-8165 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 学校教育課
〒682-0823 鳥取県倉吉市東町435-1
TEL/0858-22-8166 FAX/0858-22-1638 E-mail
教育委員会事務局 社会教育課
〒682-0823 鳥取県倉吉市東町435-1
TEL/0858-22-8167 FAX/0858-22-8180 E-mail
教育委員会事務局 文化財課
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-4419 FAX/0858-22-2303 E-mail
倉吉市立図書館
〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL/0858-47-1183 FAX/0858-47-1180 E-mail
倉吉市立せきがね図書館
〒682-0402 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
TEL/0858-45-2523 FAX/0858-45-2523
倉吉博物館
〒682-0824 鳥取県倉吉市仲ノ町3445-8
TEL/0858-22-4409 FAX/0858-22-4415 E-mail
学校給食センター
〒682-0855 鳥取県倉吉市生田693-1
TEL/0858-28-3343 FAX/0858-28-3649 E-mail
会計課
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8154 FAX/0858-22-8611 E-mail
議会事務局
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8145 FAX/0858-22-8146 E-mail
選挙管理委員会事務局
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
監査委員事務局
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
公平委員会
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8147 FAX/0858-22-8170 E-mail
農業委員会事務局
〒682-8633 鳥取県倉吉市堺町2丁目253番地1
TEL/0858-22-8171 FAX/0858-22-8230 E-mail
倉吉市特別定額給付金支給実施本部
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
TEL/0858-22-8192 FAX/0858-22-8144 E-mail
※住所・氏名が不正な場合、携帯電話等でメールの受信拒否設定等をされている場合は、返信できない場合がありますのでご了承ください。
※メール送信をされる場合、添付資料のサイズは8MB以下でお願いします。

教育長エッセイ「令和3年度の始めにあたって」

倉吉市教育委員会教育長 小椋 博幸 2021/4/1

令和3年度の始めにあたって
 ~ 豊かな心を持ち 自立して生きる 未来を拓く 人づくり ~

 例年より十日以上も早かった桜の開花から、一気に咲いた桜の下で、様々な別れと出会いがあり、令和3年度が始まりました。進学、就職、家族と離れて新たな地への旅立ちなど、自分を磨く新しい生活へのチャレンジです。
  令和3年度の始まりは、「倉吉市教育振興基本計画」第3期(令和3年度~7年度)の始まりでもあります。昨年度からの新型コロナウィルスの感染防止に最大限の対策を講じながら、倉吉を守り維持していく人材育成に向けて、新しい計画を基に取り組みを進めたいと思います。
   第3期計画の教育理念、教育大綱、教育目標は、次の通りです。

【教育理念】
 「豊かな心を持ち 自立して生きる 未来を拓く 人づくり」
【教育大綱】
 ・創造性を培い、豊かな心と健やかな身体を養う。
   ・幅広い知識を身に付け、自立して生きる力を養う。
   ・社会の一員として、多様な人とともに、協働する力を養う。
   ・郷土を愛し、自然を大切にし、伝統や文化を尊重する態度を養う。

【教育目標】
 ・社会全体が協働し学び続ける環境づくり
   ・創造性を培い、自立性・自主性を養う学校教育の推進
   ・安心・安全な教育環境の充実
   ・たくましく健やかな心と体づくりの推進
   ・文化資源の保存活用と文化・芸術の振興

 学校(教員)の使命は、日々の子どもたちの実態把握を行いながら、「児童生徒に力をつけること」だと考えています。まずは、「各教科の学び」です。子どもたちに身に付けさせたい力として、「解のない課題に、現在最適であると考えられる解を生み出す力」、「一人ではなく、仲間とともに新たな価値を創造する力」といわれる中、「主体的・対話的で深い学び」にチャレンジする授業づくりが必要です。なおかつ、今年度から全ての児童生徒にタブレット端末を配備できますので、発達段階(学年)や教科・領域に応じたタブレット端末の活用を研究することが最優先になると思います。倉吉市学校教育ICT活用推進計画に沿いながら進めたいと思います。
   次に、「集団生活を学ぶ」ということです。例えば、人を支える、協力する、我慢する、思いやり、あいさつ、返事、敬語などの言葉の使い方等、また、みんなが毎日楽しく過ごしていけるような人間関係も学びます。コミュニケーション能力も重要です。
 さらに、学校は「命を預かっている場」でもあることを大切に考えておくことも必要です。子どもたちが、元気に学校に来て元気に家に帰るという当たり前のことを当たり前に行うことが大切です。子どもの健康や安全については、継続的に地道に取り組むことが必要です。毎朝の排便であるとか、起床・就寝時間の固定、朝食を毎日食べる等の基本的な生活習慣を身に付けることも大切です。
   このような基本的な考え方を共通認識し、今まで積み上げてきた地域との連携を継続しながら、「日々の教育実践を児童生徒の姿で示すことのできる学校づくり」を目指します。
   また、倉吉に誇りと愛着を持つ子どもの育成については、引き続き重点事項としたいと考えています。倉吉の自然・地理・歴史・文化・先人などを「知る・楽しむ・育む」ことのできる倉吉独自の教育課程や青少年健全育成などの取り組みによって、子どもたち自らが地域について学び、語ることができ、そして地域の伝統の継承や地域づくりの担い手として主体的に活躍できるような人づくりを目指します

 小中学校だけではなく、社会全体が協働し学び続ける環境づくりを進めるため、地域力を育む社会教育を進めることにも力を入れたいと考えています。生涯にわたる学びを保障し、多様なみなさんの学習ニーズに応える学習機会の提供を充実することで、みなさんが学習された成果を地域に生かし活躍されることを目指します。また、引き続き、地域と学校との連携協働も推進します。昨年まで、社会教育の核となっていた地区公民館は、コミュニティセンターとして歩みを始めます。社会教育だけではなく、地域づくりの拠点としての役割も担うようになります。つまり、地域の特徴を活かした事業を展開し、人づくりを中心とした社会教育の機能を発揮しながら、学習と活動を結び付け、住民主体による地域づくり活動を支援する新しい地域の拠点としてその機能の充実を図ります。
   倉吉博物館は、「感動を生み、知る喜びを感じる」をテーマに、倉吉特有の歴史、芸術、民俗、産業、自然など倉吉のアイデンティティを形成し、子どもから高齢者までみなさんが日常生活の中において、驚きや感動、新たな発見や創作意欲を引き出すなど人間の「知的好奇心」を満たすことができ、そして誰もが利用しやすい施設を目指します。Wi-Fi環境も整備しましたので、学びの場としての活用もできるようになりました。倉吉市立図書館は、気軽に利用でき、暮らしに役立つ図書館活動を進め、多様化・高度化するみなさんの知的要求に応えるため、情報の提供に努め、みなさんの豊かな心を育めるよう取り組みます。また、交流プラザを含め、館内のWi-Fi環境を整備しましたので、より快適に利用していただけるものと期待しています。
   文化財の保存、活用、伝承については、倉吉市『文化財保存活用地域計画』を作成し、文化財の保存・活用の基本方針並びに市内の文化財を適切に保護するための調査・研究を実施し、まちづくりや地域振興、観光、学校、社会教育と協働しながら歴史的資産の適切な保存、活用を行い、その魅力が高められるような取り組みを進めます。現在取り組んでいる、史跡大御堂廃寺跡整備については、より多くのみなさんに大御堂廃寺跡の貴重さや魅力が伝えられるよう、整備計画を進めていきます。

 小学校の適正配置については、「倉吉市立小学校適正配置協議会」のご意見を反映し、地区ごとに複数の修正案を示しています。昨年度、各地区への説明を行い、より多くのみなさんに納得していただける方法に集約できるよう話合いを継続してきました。今年度もより良い調整ができるよう、引き続き努力して参ります。

 我が国は、超スマート社会(Society5.0)の実現に向けて人工知能(AI)やビッグデータの活用などの技術革新が急速に進んでおり、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けての取り組みも行われています。こうした社会の大転換の中で、教育のおいても、時代の求めるものを的確に捉え、課題の解決に向かってチャレンジする姿勢を大切にしたいと思います。今を生きる私たち大人の決断が、子どもたちの未来を保障するのだと考えます。

   令和3年4月1日
                 倉吉市教育委員会教育長 小椋 博幸


※ 生涯学習課は、今年度から「社会教育課」と課名を変更しました。
※ Society(ソサイエティ)5.0:国が提唱する未来社会の構想。AIや自動走行車など、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会  (内閣府)

鳥取県倉吉市役所
〒682-8611 鳥取県倉吉市葵町722
(開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分) 窓口案内
TEL 0858-22-8111 FAX 0858-22-1087
Copyright © Kurayoshi City. All Rights Reserved.
ページトップへ