更新日:2023年9月15日

「伝統的な町並み「倉吉」を今後に-住む 活かす 商う-」をテーマに、記念講演、パネルディスカッションを行います。

 平成10年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されてから25年の節目を迎え、地区内の火災を契機に誕生した倉吉町並み保存会も設立から20年目になります。
 倉吉の歴史的景観が高く評価され、多くの観光客が訪れるようになると同時に、課題も見えてきました。倉吉の伝統的な町並みの原点を振り返り再認識し、「住む」、「活かす」、「商う」立場から意見を出し合い、これからの「倉吉」について考えるフォーラムを開催します。

1 主催

倉吉市・倉吉市教育委員会・倉吉町並み保存会

2 日時

令和5年10月8日(日曜日) 13時00分~16時40分

3 場所

倉吉交流プラザ 視聴覚ホール(倉吉市駄経寺町187-1)

4 内容

  • 第一部 記念講演
    「まちの継承からみえること 刻む・磨く・拓く」
    講師 東京芸術大学大学院美術研究科 教授 上野勝久 先生
  • 第二部 パネルディスカッション
    住民の立場から
    観光の立場から
    商う立場から
  • 対象:一般
  • 参加料:無料
  • 事前申し込み:不要 

5 資料

チラシ (PDF形式:720KB)

6 提供機関

発信元 倉吉市教育委員会事務局
担当課 文化財課
連絡先 0858-22-4419
提供日 令和5年9月13日(水曜日)