更新日:2023年7月18日

 デジタル田園都市国家構想交付金を活用して、倉吉市が小田急電鉄と連携して地方創生事業に取り組みます。

 デジタル田園都市国家構想交付金を活用して、関係人口創出や若者に魅力ある仕事創出に取り組む「ひとを育て、まちを育てる、くらしよし倉吉プロジェクト」がスタート。中核人材育成を中心に、魅力の発信やデジタル環境整備などの4つの事業を連動させ、相乗効果の発揮を通じ、倉吉市民が主体となる自走型の地方創生を目指します。

1 主催

倉吉市(担当課:企画課)

2 日時

令和5年7月19日(火曜日)から

【直近の事業】

  • 7月19日(火曜日)~21日(木曜日) 中核人材育成事業「iVisionSession」
  • 7月22日(土曜日)13時30分、23日(日曜日)13時30分 倉吉魅力発見事業「ばえラボ」

3 場所

倉吉市内

4 内容

 中核人材育成事業、倉吉の魅力発見・データ整備事業、デジタル教育事業、バーチャル倉吉事業の4つの事業を連動させ、若年層の社会減、人口流出等による人手不足、若者にとって魅力ある仕事の創出等の課題解決を図ります。

5 資料

別紙のとおり (PDF形式:828KB)

6 提供機関

発信元 倉吉市
担当課 企画課 美術館まちづくり推進室
連絡先 0858-27-0521
提供日 令和5年7月14日(金曜日)