更新日:2023年9月5日

~ グリスロ※1で白壁土蔵群周辺をゆっくり巡って心ときめく出会いを ~

 令和7年春の鳥取県立美術館の開館を見据え、周遊滞在エリア※2内のモビリティの向上により、「観光客の利便性の向上と暮らしよさの向上を図る」暮らしよし倉吉らしい周遊滞在型の観光まちづくりを推進するため、昨年度末に策定した「倉吉市周遊滞在型観光地モビリティ向上計画」に基づき、昨年度に引き続き、今年度もグリーンスローモビリティを活用した実証実験を次のとおり行います。
 なお、今年度の実証実験の効果を検証し、次年度以降の環境整備の基になる「新たな周遊モビリティ導入環境整備計画」を策定します。

 ※1)「グリスロ(正式名称:グリーンスローモビリティ)」とは、時速20km未満で公道を走ることができる電動車を活用した小さな移動サービスで、その車両も含めた総称です。
 ※2)「周遊滞在エリア」とは、東西約2.5km×南北約500mのエリア(県立美術館~白壁土蔵群~円形劇場くらよしフィギュアミュージアム・小川家住宅)を指しています。

1 主催

倉吉市(担当課:総務部企画課)
[受託事業者:復建調査設計株式会社]

2 実施期間

令和5年10月1日(日曜日)~令和5年10月31日(火曜日)

3 実施場所

成徳・明倫地区を中心とした周遊滞在エリア

4 実施内容

主に、次の3つの実験を実施します。

実験内容 実施日 昨年度の実験との相違点等
グリスロの実証運行
【一部改善】
(1)月:地域住民お出かけツアー
(地区に対する予約運行)
(2)火~木:観光モデルコース
(ガイド付き予約運行)
(3)金土日祝:うつぶき号
(定時定路線の乗合運行)
(1)~(3)グリスロ1台運行(運賃無料)
(1)地区内のスーパーへのルート設定
(2)ここいこmapを活用した観光×交通情報の提供
(3)発着場所の変更と緑の彫刻プロムナードの走行
自動車静穏化実験
【新規】
10月1日~10月31日 ゾーン30内における自動車の低速化(時速20km未満)に向けた広報の実施
琴櫻・赤瓦観光駐車場等の利用転換実験
【新規】
10月14日(土曜日)・15(日曜日)
  • グリスロ2台運行(運賃無料)
  • 観光バスのショットガン方式※3とバス回転広場内の一般駐車場化による混雑緩和

※3)観光バスの「ショットガン方式」とは、観光バスの乗降場所と待機場所を分離し、駐車スペース等の制約のある駐車場等の有効活用を図る方式です。

5 グリスロの利用条件

利用者アンケートへの回答

6 参考資料

チラシ (PDF形式:34.7MB)
ホームページ  https://www.kurayoshi-kankou.jp/umo2023/

7 提供機関

発信元 倉吉市
担当課 総務部企画課
連絡先 0858-22-8161
提供日 令和5年9月1日(金曜日)